ノルウェー地方選、始まる

9月14日(月)は、ノルウェー国民が、地方議会議員を決める日だ。あと1カ月余り。8月、夏休みが明けて、ノルウェー全土が選挙モードに移っていく。

前回は2011年9月12日の月曜だった。投票率は64.5%。女性の当選者は4115人で、全議員の38%、女性市長は96人で全市長の22%を占めた。

女性議員が地方議会の4割以上にならないのは、進歩党の候補者に女性が多くないことによる。それでも、日本からしたら夢のようだ。

その背景には選挙制度がある。まず、国政選挙も地方選挙も、投票日は9月の第2月曜日と決まっている。憲法が定めているのだ。解散はない。これなら、出産や子育ての負担のある女性にとっても立候補の計画を立てやすい。

選挙は比例代表制だ。半年ぐらい前に、各市の政党が候補者リストを完成する。リストには女性が4割いなければならないと決めている党が多い。そのリストのトップに名前を上げられた候補者が市長候補となる。そう、ノルウェーには首長選がない。各市で最大の議員数を得た政党から市長が選ばれる。

今年も全市の候補者数が、男女別に発表となった。、全候補者58093人、うち女性は24743人。男女比は57%対43%だ。半々に近い。

c0166264_14384796.jpg


比例制の選挙だから、有権者は、支持する政党の候補者リストを選び、そのリスト用紙を投票箱に入れる。その獲得票に応じて政党の当選者数が決まる。

個人を選ぶ選挙ではないから、候補者が必死に自分の名前を連呼などしない。2世だからとか、強い同窓会がついているから、などという個人戦ではない。だから、選挙運動などできなかった育児休業中の女性が当選したりもする。なるほど、これなら、女性が立候補しやすい、と感心する。

それに、多くの地方の議員はボランティアだ。市役所の職員、保育園の先生、会社員、農業などをしながら、議員をする。仕事を辞める必要などまったくない。これもまた、立候補しやすい理由だ。

さらに、選挙では、議員と代理議員が決まる。代理議員は、議員が病気や育児などで職を免除されたときのピンチヒッターだ。小さな子どもを持つ親は休まなければならない日が出てくるが、ピンチヒッターがちゃんといるので、安心だ。

ノルウェー・メディアによると、今回の地方選挙の大きなテーマは、保健、高齢者介護、学校教育だ。前回から代わり映えがしないのか、政策の中身よりも、長年、保守党が勝っていた、オスロ、ベルゲン、トロムスの3都市で、労働党の勢いがある点に関心があるようだ。

ノルウェー史上2番目の女性首相アーナ・ソールバルグ(保守党)は、ベルゲン出身だ。保守党率いるリーダーは、当然、3市の保守党維持こそが市民生活をよくすると力説する。

「オスロもベルゲンも競った選挙戦になるでしょう。でも、世論調査から見ると保守党が最大党となるチャンスが高いです。与党の座を維持することは、さらに保守党の政策――とくに学校教育――を発展させることができます」

一方、労働党党首ヨーナス・ガール・ストーレ(元外務大臣)は、

「大都市は18年間、12年間と、保守党が支配してきています。もう疲労が目立つ。労働党が奪還する時がきました」

世界有数の男女平等国ノルウェーに近づくには、まずは候補者に女性を増やさなくてはならない。2015年春、日本の都道府県会議員選に立候補した女性は、全体の1割ちょっとだった。ノルウェーと同じような円グラフにしてみると、こうなる。
c0166264_1439030.jpg


政党やメディアがいっしょになって、日本列島女性立候補大キャンペーンをしたらどうだろうか。

Harde bykamper
Municipal and county council election, candidates, 2015
Slik vinner du valg
女性と選挙、女性と政治
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
ノルウェー、女性の国会議員増えず
世界一民主的な国
連立の3政党党首全て女性
ノルウェー地方選:女性市長5人に1人
ノルウェー選挙:性差も肌の色も越えて
[PR]
by bekokuma321 | 2015-08-05 15:29 | ノルウェー