「やったぁ、この家は私たちのものだ!」

冬の月が冴える夜。

闇にまぎれて、どこからともなく現れた女たち4人。屋敷に侵入し、懐中電灯で足元を照らしながら階段を一歩一歩上っていった。

門の横に、今度は10人。先発隊の後を追って、そっと階段を上った。

10分経過すると、また10人、そしてまた10人。さらに10人・・・・

全員が大部屋に入ったことを確認し、いっせいに手元の懐中電灯をつけた。パアーッと室内全体がライトアップされた。

「やったぁ、この家は私たちのものだ!」

1979年11月2日深夜、コペンハーゲン、「ダナーの家」占拠の瞬間だった。

不法占拠→募金活動→屋敷の取得→改造工事→女性シェルター創設、とトントン拍子に進み、全国民をまきこんだ一大社会運動としてデンマーク女性解放史の1ページを飾った。下は当時の運動に使われた貴重なポスターだ。

c0166264_11112312.jpg


小説など目じゃないほどドラマチックな、デンマーク初の女性シェルター建設運動。詳しいドラマは、叫ぶ芸術「もう、不法占拠しかない!」デンマークをどうぞ。「I 女のしんぶん」に連載中のWeb版。
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-22 11:16 | 北欧