ハトシェプスト女王とフェミニスト

c0166264_13155691.jpg「壷を捧げるハトシェプスト女王」を見た私は、タイトルの「女王」は間違いではないかと思った。

花崗岩でつくられたその像は、あごひげを表す細長い筒状のものをつけていて、体も男のようだ。女性であることを示す特徴はどこにもない。

しかし、間違いではなかった。ハトシェプストは女性で、彼女こそ古代エジプトで最も平和で繁栄した時代を作り上げたと言われる王その人だった。

ハトシェプスト女王についてThe King Herself(王、彼女自身)から引用する。筆者はチップ・ブラウンChip Brown。

「ハトシェプストは、このトトメス1世とイアフメスの間に生まれた長女だ。だが、トトメス1世から王位を継承したのは、側室に産ませた息子のトトメス2世だった。

ハトシェプストとトトメス2世は、王家の血統を強固にするために結婚した。当時は異母兄弟どうしの結婚はタブーとされていなかったのだ。2人の間には娘が1人生まれたが、男の跡継ぎ、トトメス3世を産んだのは、側室のイシスだった。

トトメス2世は王位に長くとどまることなく、その生涯を終えた。死因は心臓病だったと推定されている。世継ぎのトトメス3世はまだ幼かったため、伝統に従ってハトシェプストが摂政となり実権を握ることになった。」

ハトシェプストは、12歳で、王トトメス2世の妻になった。夫が亡くなるまで、王の妻として君臨した。次の王となった幼いトトメス3世(彼女の義理の息子)に代わってからは摂政となった。しだいに、摂政の役割を超える支配力を見せるようになった。そして「わずか数年後には、みずからを古代エジプトの王ファラオだと宣言した」(The King Herself)。

「古代エジプトでは、王位は父から息子へと受け継がれるものであり、娘には王位を継ぐ資格はなかった」ため、彼女は、王の職務をするときは男となった。

とはいえ、自分が女性であることを隠そうとしなかったらしい。残された碑文などからわかったという。最たるものはハトシェプストという名前だ。ハトシェプストは Foremost Noble Woman (もっとも高貴な女性)という意味だという。

ハトシェプストの死後、彼女が王であったという事実は抹殺された。「ハトシェプストを王妃として描いた浮き彫りは破壊をまぬがれたものの、ファラオとして描いたものは、一つ残らず削りとられた」のだという。

しかし、ハトシェプスト女王が、ハトシェプスト王として古代エジプトを支配し、最も平和で繁栄した時代を築いたとする史実は、後の研究によって明らかにされた。

ハトシェプスト女王の像を、私は、2015年7月、東京上野博物館の展覧会会場で見た。

そのカタログ『クレオパトラとエジプトの王妃展』には、クリスティアーヌ・ジェグレール(Dr.Christiane Ziegler)による「クレオパトラとエジプトの王妃」と題する解説文がある。そこで、あることに気づいた。

彼女の文中に確かにある「フェミニスト」という言葉が、日本語の訳文では抹殺されているのである。

Eventually, the career of Hatshepsut, the Queen-Pharaoh, represents a perfect paragon for feminists. (原文)

「そして王妃でありながらも、後にファラオの地位にのぼりつめたハトシェプスト女王は自立する女性の憧れの的である。」(東京国立博物館の和訳)

私の拙訳は、
「そして最後に、女王でありながら王となったハトシェプストのキャリアは、フェミニストたちにとって、これ以上ないモデルとして立ち現われる。」

フェミニストは、女性であろうと男性であろうと、男女平等を願っている人をいう。だから、女性にもアンチ・フェミニストはいるし、男性にもフェミニストはいる。

しかし、ここで、フェミニストは、「自立する女性」と訳されている。故意にであろう。

出版されるまでには何度も校正され、監修されたはずだ。筆者クリスティアーヌ・ジェグレールは、自分が使ったフェミニストという言葉が抹殺されてしまったことを知っていただろうと思う。

王になるためには女性であることを隠さなければならなかった古代エジプト。その展示物の解説文からフェミニストという表現を隠さなければならなかった日本の国立博物館。

国立博物館は、文部科学省からの予算年61億円ほどで運営されている(平成17年)。現大臣は日本会議系の下村博文。

紀元前3000年から2015年の今日まで、女性蔑視の歴史の流れは続く。

古代エジプト 男装の女王
The King Herself
Tooth solves Hatshepsut mummy mystery
Tooth May Have Solved Mummy Mystery
「クレオパトラとエジプトの王妃展」プレス・リリースPDF
バックラッシュ(男女平等への逆流)年表 
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-13 13:29 | アジア・アフリカ