日本の女性解放運動ここにあり! 行動する女たちの会

1970年代、80年代、あらゆる女性差別と闘って、闘って、闘いつづけた女性たちがいる。「行動する女たちの会」に集った女性たちだ。

当時のニュース、抗議文、アンケート用紙、ビラなど、20年間の運動の記録が刊行されることになった。資料集『行動する女たちの会 資料集成』(六花出版)だ。

出版を機に、7月11日夜、渋谷のウィメンズプラザで記念する会が開かれた。

樋口恵子さんによれば、「参議員議員の市川房枝さんが、電話をかけてきて、アメリカにはあらゆる女性差別と闘うナウ(NOW)という組織がある。そういうものをつくりたい、と言ってきた。俵萌子、吉武輝子、中島通子、金森としえ、駒野陽子、小沢遼子さんたちが動いた」

井上輝子さんは「会の誕生には、参議院議員田中寿美子さんを中心にして調査研究を続けていた『婦人問題懇話会』があった」

1975年、国連の国際婦人年をきっかけに誕生した。だから当時の組織名は「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」。1986年、「行動する女たちの会」に変わった。

会の特徴は、「これは性差別だ、おかしい」と思ったら、即行動を起こす、ことだった。相手は、政府、地方自治体、銀行、メディア、企業、教科書会社、労働組合など、日本のあらゆる分野に及んだ。

筆者は、1975年、会の創設を知らせる小さな記事を新聞で読み、集会に参加した。そして、その場で会員になった。「教育分科会」に所属。まだ20代だった。主に学校教育における女性差別、性による偏見や押しつけをなくすため、話し合い、抗議し、対案を出していった。駒野陽子、中嶋里美、仲野暢子、坂本ななえ、長谷川美子、芦谷薫、守屋和子さん・・・などなど、爆発的エネルギーで闘ったあの頃の顔が目に浮かぶ。

「ヒステリックな女たち」「リブは女のひがみだ」と、当時のマスコミの揶揄はすごかった。

しかし、労働、教育、マスコミ、どこを見ても、性差別、性別役割分業はまだまだ根づよく残る。あの時の女性たちの主張と運動のスタイルをもういちど振り返るときかもしれない。

c0166264_9282322.jpg
 樋口恵子さん(中央)、山田満枝さん
c0166264_9283825.jpg
 井上輝子さん
c0166264_929383.jpg
  中嶋里美さん
c0166264_9542968.jpg
 赤松良子さん
c0166264_932131.jpg
 谷合規子さん
c0166264_9324479.jpg
 竹内みどりさん
c0166264_9325630.jpg
 高木アイ子さん
c0166264_9331348.jpg
 遠藤真子さん
c0166264_9333443.jpg
 井の部美千代さん
c0166264_9334321.jpg
 岩月澄江さん
c0166264_9335773.jpg
 水沢靖子さん、守屋和子さん、山口里子さん
c0166264_934299.jpg
 角田由紀子さん、船橋邦子さん(手前)
c0166264_9161679.jpg
 ジョキ(行動する女たちの会事務所)でいっしょだったSoshirenから
c0166264_9344723.jpg

c0166264_10524134.jpg
 別姓訴訟の塚本協子さんと筆者。塚本さんは「行動する女たちの会」を引っ張ってきた中島通子弁護士(故人)の幼な友だち。

【写真撮影は最後の1枚の岡田ふさこを除いて、筆者】

パンフレット:『行動する女たちの会 資料集成』 pdf文書
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-12 10:26 | その他