世界の軍事費8日分で

c0166264_13562959.jpg「年3150億クローネ(39 billionドル)があれば、すべての子どもたちの通学が可能です。巨額だと思うでしょうが、そうではありません。世界の軍事予算のわずか8 日分です。世界の指導者のみなさんが、戦争を8 日間やめたら、すべての子どもたちが義務教育を受けられるのです。未来へのすぐれた投資、それは武器よりも本です」

こう、マララ・ユフザイMalala Yousafzaiは、世界に向かって述べた。

マララは、エチオピアで開かれる教育国際会議に出席に向かう途中、オスロに立ち寄った。オスロでは教育サミットが開かれる。ノーベル平和賞受賞式以来初めてのノルウェー訪問だという。

「ノルウェーの子どもたちにメッセージを」にという記者の質問に、彼女は、ノルウェーの無料の学校教育は教育を重視するノルウェー政策の賜物であり、当たり前のことだと思わないで、世界のモデルであるノルウェーのみなさんは世界の子どもたちも教育が受けられるように共闘してほしい、という趣旨の回答をした。

マララは、来週18歳になる。子どもから大人に向かう彼女は、その特別な人生のステップに対して、こんな印象的表現で語った。

「辛い子ども時代でした。私は、子どもの国から大人の国の住人になりますが、夢を抱く力、それだけは、大人の国にも持っていくつもりです」

安倍首相よ、君は、マララ・ユフザイのメッセージにどう応える。


Utdanningskonferanse i Oslo
Malalas budskap til norsk ungdom: - Ikke ta skole og utdanning for gitt
Erna lanserer FN-kommisjon som skal skaffe utdanning til alle
マララの制服
Jeg er alle de 66 millionene jenter som ikke får gå på skole
おめでとう!マララ
怒! パキスタン女教師殺害される
パキスタン少女、襲撃される

【写真:Malala Fundフェイスブックより。マララの言葉は英語スピーチを和訳した】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-08 12:32 | ノルウェー