寒い国の温かい政治

北極点近くの3自治体は、母親が働きやすく、女性の労働条件も抜群。

そこは、ノルウェーのフィンマルク県。日本の稚内や根室より、さらに北の北の北。冬は零下50度に下がったこともある。想像を絶する過酷な自然のなかで、女たちの暮らしは、子どもたちの保育、教育は? 

ノルウェー政府は、そのフィンマルク県の県都ヴァドソーを、「女たちにとって住みやすさナンバーワン」と発表した。

その背景には、都会と地方の格差、男性と女性の格差をなくした“へき地政策”がある。

極寒の町に足を運ぶこと2回。寒い国の温かい政治の実態を取材してきた三井マリ子の報告。現地の写真を見ながら、フクシマの女たちの明日のヒントをさぐります。

●2015年7月4日(土)午後2時
●郡山市中央公民館
●虹とみどりの会 TEL024-925-3016
●参加費無料


▲クリックすると大きくなります

へび石郁子のブログ
男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
女性の約7割、原発NO!
再犯率の最も少ない国の刑務所
教員ストに見た「北欧モデル」
ストから考えた日本教員の長時間勤務
国をあげての論争「パートタイムかフルタイムか」 ノルウェー
世界一民主的な国
仕事と家庭の両立支援は企業の社会的責任である
妊娠した女性が差別される国、されない国
ノルウェーのワーキング・マザー
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
ノルウェー 選挙で約束された賃金の男女平等
北欧福祉社会は地方自治体がつくる
ノルウェー地方選レポート4:北部ノルウェーを支えるサーメ女性たち
ルポ 世界で最も住みやすい町ヴァドソー
北極に最も近いバルドー市も女性議員は約4割
地方選挙と女性農業主の悩み
「魔女たちの夜」に見た女の力、地方の力
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-01 14:05 | 北欧