チャールストン黒人襲撃とヒラリー・クリントン

c0166264_22523936.jpg報道によると、サウスカロライナ州チャールストンの教会で6月17日夜、男が銃を乱射し、教会で聖書の学習会をしていた女性6人、男性3人の黒人9人が銃殺された。

18日逮捕された白人のディラン・ルーフ容疑者(21)は、「人種間の戦争を起こしたかった」などと述べている。犠牲となったのは、牧師、図書館司書、スピーチセラピストなど、地域の尊敬を集めている人たちだった。

19日、金曜日、チャールストンの法廷で、かけがえのない人たちを亡くした親族は心情を吐露した。そのビデオを見た。

ほとんどの親族たちは涙ながらに「あなたは私の最も愛する人を奪い、私は心から苦しんでいる。あなたのなした行為を悔い改めて下さい。しかし、神の加護があなたにありますように、あなたを許さなければならない」と語った。その深い自制心と寛容さに、こうべをたれるしかない。

一方、サウスカロライナ州は、初の女性知事ニッキー・ヘイリー。共和党。彼女は、ただちに「完全なるヘイト・クライムである」とし、裁判する前から「容疑者の死刑判決を」と述べた。余りに短絡的だ。共和党は、武器を所持する権利を認めた合衆国憲法修正第2条にたてに、オバマ大統領が唱える銃規制に反対している。

対して、民主党の次期大統領候補ヒラリー・クリントンは、事件の社会的背景をとりあげた。

「人種による深い分断が存在し続けている。アメリカは人種問題と長く闘い続けてきたがまだ終わっていない」として、背後の人種差別問題を指摘した。さらに安易に銃を保持できるアメリカの法制度を批判して「銃規制にとりくむ」と語った。

ヒラリー・クリントンは、以前にも、アメリカ社会の黒人の置かれている状況を、精神保健サービスにかける予算不足と関連づけて演説していた。ポイントのみ翻訳する。

「刑法の大改革をし、大勢の人が投獄されている状態を終わらせなければならない。保護観察や薬物転用プログラムなど更生施策を新設・充実させ、軽犯罪者を刑務所に入れずに、薬物治療、精神保健支援サービスなどの代替方法を広げるべきである。アメリカの刑務所や監獄は、今や精神保健施設となっている。精神保健サービスを提供する精神保健センターや病院に対する予算削減にストップをかけよう」

「アメリカの全黒人男性の3分の1が、収監容疑にあっている現実をおかしいと思わないか。150万人もの黒人男性が、刑務所に収監されたり、早や死をして、家族や近所から“いなくなっている”現実をおかしいと思わないか」

クリントンは、メリーランド州ボルチモアで逮捕・護送されたフレディ・グレイが不慮の死を遂げた事件(2015年4月)をとりあげて、アメリカ社会の黒人差別をこう述べている。

「アメリカで、黒人男性に対する残虐行為が頻繁に起きていることは、否定しえない事実だ」

「ボルチモアの6マイル(9キロ)しか離れていない、隣接する、あちらの町とこちらの町で、20歳も平均寿命が違うのだ」(黒人居住区と白人居住区のこと)

オバマ大統領を誕生させたアメリカ。その夜は、まだ明けない。ただ、アメリカの次期大統領に、民主党の人権派ヒラリー・クリントンが就任する可能性がある、そこに、望みをかけたい。なぜなら、彼女こそ、女性への偏見や蔑視と闘い続けてきた政治家だからだ。

Hillary Clinton After Charleston Shooting: Race Remains 'Deep Fault Line'
Charleston Church Shooting: Families of Victims Address Dylann Roof at Bond Hearing
Read: Hillary Clinton’s huge new speech on criminal justice reform
人間味あふれるノルウェーの刑務所
再犯率の最も少ない国の刑務所 追記
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle(動画:ホテルのシングルルームのような刑務所が映し出される)
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle
最も再犯率の少ない国ノルウェーで今
禁固21年判決とノルウェーの犯罪制度
再犯率の最も少ない国の刑務所
未来への提言「世界一囚人の少ない国からの報告」
[PR]
by bekokuma321 | 2015-06-21 23:15 | USA