橋下構想に女たちは騙されなかった

5月17日、大阪を二分する「大阪都構想」の住民投票があった。投票率は66%だった。

結果は、反対70万5585票、賛成69万4844票。 1万票以上の差をつけて、「橋下政治」にNO! が下された。大阪市民は、大阪市の存続を選んだ。

橋下徹市長をトップにして、維新の党は、党最大の政策目標「大阪都構想」に、政党交付金をドーンと注ぎ込んだ。女性に反対が多いとふんだ維新の党は、女性に的をしぼったキャンペーンもしたらしい。その大宣伝にかけた費用は4億円とも5億円とも言われている。これ、ほぼみな血税だ。

しかし、出口調査によると、反対は、女性52%、男44.5%だった。女性たちの力が反対を導いたと言える。

大阪に勤務していたことのある私は、何人かの友人から喜びのメールをもらった。ある友人は、ズバリこう言った――「女性のほうが、橋下に騙されにくかったのです」

好戦派の安倍首相は、「憲法改正」のために橋下の協力をとりつけたいらしく、彼の参院選立候補も取りざたされている。

いやはや。

だけど、女たちは絶対に騙されないぞ!

c0166264_14342398.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2015-05-27 14:38 | その他