票数が反映しない選挙結果のゆく先は

c0166264_2295729.jpg朝日新聞は、英国総選挙結果を「進む分極化 内憂外患」と題して、国民の政党支持が多党化していると分析している(2015.5.9、ヨーロッパ総局長梅原季哉)

連立を組んできた自由党の大敗北。それに、反緊縮財政、核軍備撤廃を掲げるスコットランド国民党SNPの大躍進が理由らしい。

そういえばSNPのシンボルといえるマイリ・ブラック(20歳)は「緊縮財政による貧困化反対、核軍備への歳出反対」と、力強く当選スピーチをした(写真)。拍手!

加えて、反EUを掲げる右派の英国独立党UKIPの高得票を理由に上げている。UKIPは、わずか1人しか当選してないのだから影響力があるとも思えないのに・・・。こう思いながら、得票率をよく見ながら図表を作成してみた。左の数字は議席数、右は得票率。

c0166264_21193748.jpg


なるほど、UKIPの票は、保守党、労働党についで第3位だ。全国的に幅広い支持を集めている。それなのに、緑の党と同じくわずか1議席しかとれなかった(個人的にはホッとした)。

さらに注目すべきは、スコットランド国民党。56人もの当選者を出して第3党に踊り出たが、その得票率は、なんと5%に満たない。自由党など7.9 %もとったのに、議席は8議席。5%以下のスコットランド国民党の7 分の1 だ。誰が見ても国民ひとりひとりが投じる1票に、議席が比例していないとわかる。

朝日は、最後に「単純小選挙区の下でのニ大政党制は、民意をすくい取る仕組みとして機能不全を起こしているのだ」としめている。

同じく朝日の石川真澄も、以前こう書いていた。

「英国では小選挙区制のもとでの『ニ党制』も、それによる『政権交代』も、ともに確実に過去の神話になりつつある。そして、そこから選挙制度そのものを見直そうという機運が強まってきているのも当然といえば当然の成り行きである」 (石川真澄著 岩波ブックレット『小選挙区制と政治改革』)

その上にたって、石川は、日本の小選挙区制移行を厳しく批判した。

「小選挙区制の『本家』と思われている英国はその弊害に気づき、見直しに動いている。ちょうどその時期に、日本はその小選挙区制を採用するのが『政治改革』だと思い込み、与野党が全力で実現に向けて走っている。珍妙な風景といわなければならない」

発刊は20年以上前の1993年。日本に小選挙区比例代表並立制が実行されてなかった頃だ。

1996年から、日本では、その小選挙区ウンニャラの選挙が実行され始め、その後何度か続いて・・・・

今や、有権者の3割しか改憲に賛成する人はいないのに、「衆院議員の8割以上」が改憲賛成、と化してしまった(2015.5.3 朝日)。

国会は、民意を反映していないどころか、民意と反対の場になった、と言いたいくらいだ。

英国下院、女性が30%に
イギリス6割が選挙制度改革に賛成 
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
政治は男のものではない
日本の女性国会議員、189カ国中163位


[追記:選挙改革協会の副事務局長は、英選挙結果を受けて、「民意が議席に反映しない歪んだ選挙、信じがたいほど不公平な選挙である」と発表した。「74%が比例代表制を支持するとの世論調査があるが、さらに増えるだろう」とも。出典はHuff Post Politics 2015年5月11日。Thursday's Skewed Election Result Shows We Need to #MakeSeatsMatchVotes]
[PR]
by bekokuma321 | 2015-05-09 22:15 | ヨーロッパ