13歳、北極点に到着

さきほどノルウェーからすごいニュースがはいってきた。

北極点に13歳の女の子2人、男の子2人が到達した。もちろん世界最年少!

4人なかの1人、キルケネス出身の女の子Johanne Jerijærviは、NRKのインタビューにこう答えた。

「とってもやりがいがありました。楽しかった。今、テントに座っていますが、最も大変だったのは、一日中立ちっぱなしで、テントから出て、またスキーですべるという経験です」

一日7時間、零下20度を下回る厳寒のなか、先の見えないほどの猛吹雪と格闘しながら、6日間かけて、115キロを踏破した。

19世紀、フリチョフ・ナンセンは、北極点到着をめざしたが到達できなかった。その難攻不落の地に、13歳の女の子と男の子が成功したのだ。

そういえば先月は、1000キロの犬ぞり競争に、ノルウェーの女性Sigrid Ekran(35)が優勝した。世界で最も過酷なレースといわれており、かつて女性は参加することすらできなかった。

彼女は、昨年に引き続いての連勝だという。「犬たちの勝利。犬たちの温かいケアが大切です」という優勝の弁が素敵だった。

c0166264_21494671.jpg

▲数年前2月、フィンマルク県の最も北極に近い町バルドーVardøを取材した私。立っていられないほどの烈風だった。市議会には4割ほど女性議員がいた。バルドーだけでなくフィンマルク県全体に女性の地位が高い。キルケネスの13歳の快挙にはこうした背景が影響しているのかも。

Johanne (13) koser seg med kake på Nordpolen
Oppdrag Nansen
Four Women Thrive in 2015 Finnmarkslpet
Finnmarkslopet
魔女モニュメント、オープン
地方選挙と女性農業主の悩み
[PR]
by bekokuma321 | 2015-04-23 09:18 | ノルウェー