強制結婚の恐怖

c0166264_21155664.jpgロンドンにある、その小さな墓石には「バナーズ・マームード、1985年12月16日生~2006年1月24日没」とあった。

僅か21年の生涯は、ロンドンの警察や検察庁の先入観を打ち砕いた。

イラクのクルド地区生まれのバナーズの一家は、1995年、サダム・フセインの弾圧を逃れてロンドンに亡命した。バナーズは10歳の物静かな少女だった。

17歳のとき、父親によってロンドン在住の同じクルド系の男性と強制結婚させられた。夫の暴行と強姦に耐えられず、何度か家出をしては連れ戻された。何回かの家出の末に恋人ができた。

私は2年前見た、ドキュメンタリー映画『バナーズ』から、思い出して書いている。

その映画にはバナーズが警察署で供述している場面もあった。

誰かに尾行されているとわかったバナーズが警察に駆け込む。痩せ細った顔面蒼白の彼女が、小さなメモ用紙を手に、警察官に話し始める。

「夫は私を強姦し、髪の毛をつかんで引きずり回しました。唇や耳から血が吹き出し、私の左手首の骨はねじ曲げられました」

「私は追われています。私の身に何か起こったら、犯人は彼らです」

バナーズの訴えを聞いたロンドン警察。しかし、強制結婚や名誉殺人の怖さが理解できなかった。一方、イスラム教のクルド系一家には、離婚は家の恥辱だとする因習があった。

そして・・・

つづきは、「I 女のしんぶん」叫ぶ芸術--英国をどうぞ。


エミー賞を競った「名誉殺人」と「フクシマの嘘」
パキスタンの名誉殺人
[PR]
by bekokuma321 | 2015-04-19 21:33 | ヨーロッパ