録音テープは動かぬ証拠

1月の三井マリ子さんの裁判は公開でしたが、次の裁判は再び非公開となりました。3月18日に秋田地裁で行われます。

マリ子さんが前回提出した準備書面をもとに話し合われるのでしょうが、その準備書面の内容は、まさに私が見聞きしたそのものでありました。

c0166264_12255476.jpg

衆院選は2012年12月16日でした。その直後、疲れ果てたマリ子さんは、横手市はずれの借家にたった1人でいました。そこに松浦大悟参議院議員(当時)をはじめ5人の人間が突然やってきて、マリ子さんを囲み、吊るし上げを行ったのです。しめしあわせたように次々にマリ子さんの人格を否定し、借家は12月までだから12月中に借家から出ていくようにと言ったのです。

準備書面には、「5匹の狼に囲まれた羊のような状態だった。恐怖にとらわれ、血のひく思いでこの言葉の攻撃に耐えた」と書かれています。

さらにマリ子さんが秋田を去る日の2日前、12月27日に、松浦大悟事務所秘書たちが、再び突然やってきます。

「『あなたがいると票が減る、今後一切連絡はしてこないように。借家は12月までなのでそれまで出ていくように』と言われたので、29日に横手を出ます」などと書いた松浦さん宛のマリ子さんの手紙を、秘書らは持参したのです。そして秘書らは、マリ子さんの手紙の内容を認めたうえで、さらに嘘をかさねたのです。

その数々の嘘は、マリ子さんが秘書らに断って録音をとったので、動かぬ証拠として残っています。

「あなたが落選したらその時点で総支部はなくなる」「総支部長(三井さん)は解任です」と秘書らは何回か三井さんに告げています。

ところが、民主党の特例措置で、総支部は継続することになっていたのです。2012年の衆院選で民主党は惨敗し、落選者が余りに多かったため、特例を設けて参院選まで月50万円の総支部活動費を出すことに決まっていたというのです。

松浦大悟氏の秘書は、マリ子さんがその部屋からちょっと出た時、そばにいた仲間うちに向かってこうひそひそ声で伝えています。小さな声ですが、録音テープには残っていました。

「昨日の夜、当落を別に、資金を提供するっていうことを、ほそのごうしさんが発表したんですよ」

秘書らは、12月26日に総支部解散・総支部長解任ではないことを知っていたのです。それにも関わらず、翌27日には、そのことを総支部長であるマリ子さんには隠して、つまり民主党の決定にそむいてまで追い出しにかかったのは明らかでした。

民主党がこの特例措置を内定したのは12月22日でした。翌年の2月になって東京の民主党本部に行き、本部からそれを知らされるまで、マリ子さんは知りませんでした。

私は、横手で起きたことはうすうす知っていました。やる気のない選対にどれだけ苦労したかも察することができました。

でも、マリ子さんが横手を出てから、たった1人で証拠を求めて、調査活動をしていたことを知ったのは初めてです。準備書面を読みながら、遠い長野から秋田へ何度も通ってこつこつ頑張ってきたのだなあ、と驚きました。

この裁判を通して私は、何事も証拠がものをいう、証拠が最も大事なのだと勉強しました。

皆さん、これからも三井マリ子さんを見守ってくださいね。頑張りましょう。

大倉 由紀子(さみどりの会*)

c0166264_1212141.jpg
▲松浦大悟氏が三井衆院候補選挙事務所に決めた空き地。車は通っても人は滅多に通らない町はずれで、近くにバス停もなく不便なところだった(2013年春撮影)。

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。過去の報道・報告は、左下Moreをクリックしてどうぞ。
c0166264_15134969.jpg

【写真上:近江直人弁護士(左)、三井原告、澤入弁護士】





ベアテ・シロタ・ゴードンと三井裁判
井戸塀政治家から政党交付金どっぷり政治家へ
政党交付金のうまみを熟知していて追い出した
傍聴記:深い谷間に突き落とそうとした
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記
傍聴記 「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」
三井マリ子VS松浦大悟裁判 傍聴記
どこまで女を食い物にするのか
衆院選秋田3区
普通のおばちゃんが考える「政党交付金」
澤藤弁護士ブログから政党交付金の国庫返納を考える
悪しき慣習に一石を投じた
政党交付金440万余円、国庫返還へ
今日の読売に政党交付金の国庫返納記事
黒人射殺事件不起訴から秋田の事件を考える
「秋田のため、女性のため」と
真実は外面だけではわからない
委任状
普通のおばちゃんが考える「政治とカネ」
「政治とカネ」、秋田衆院選から考える
小渕優子事件と三井マリ子事件の類似点‏
きわめて日本的
私は納得いきません
許せない!幕引き図った検察
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
c0166264_15134969.jpg
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-11 12:39 | 秋田