「女はみくびってもいいのだ」という意識

c0166264_15464853.jpg雪国での裁判、本当にご苦労様です。

私は残念ながら行けませんでしたが、ブログの「傍聴記」経過報告を読んでいて、男社会の腐敗の根深さを、改めて思い知らされた感じがします。

この日本社会は、政治、経済、社会、教育、どこにメスを入れても、共通した問題が
底流に流れていると思いました。

「女はみくびってもいいのだ」という根深い女性蔑視意識です。

傍聴記に引用されていた三井マリ子さんの意見陳述(下を参照)を読みながら、三井さんの身体をはった、かつ貴重な人生をかけた衆院選への挑戦が、そのまま、裁判に引き継がれていると思いました。

率直に言って三井さんの能力を生かす道はもっと別にあるはずなのに、と思います。
でも、きっと三井さんは、秋田移住してまで挑戦したと同様、大変な茨の道を選び続けるんでしょうね。

遠くから応援しています。また、機会を見つけて傍聴にかけつけます。
私の分まで裁判を支えてくださっている皆様に感謝をこめて連帯のメールを送ります。

伊藤 由子 宮城県加美町町議、さみどりの会(注)


               意見陳述草稿

裁判が始まって1年が過ぎ、いくつか変化がありました。しかし、私の悔しさと憤りは、なくなってはおりません。

私は、長年、女性議員を増やす運動をしてきました。日本社会において軽んじられてきたおびただしい数の女たちの問題を解決するには、政治の場に女性が出ていかなくては・・・こういう思いで、女性候補者発掘に精を出してきました。女性議員の多い北欧の政策を紹介する本を何冊も書きました。これらは、超党派の全国的運動でした。

2012年当時、民主党は前代未聞の逆風下にありました。落下傘候補に等しい私が当選する見込みはゼロでした。固辞していた私は、悩んだ末に民主党公認候補となることを決意しました。

そんな私が、たった1度の落選で秋田を去るくらいなら、わざわざ自らに民主党員というレッテルを貼って、秋田に引っ越して、政治活動をしようと決意したでしょうか。

民主党の女性支援金を含む後援会の資金を土台に、女性議員の極端に少ない秋田で、女性候補者増につながる活動を続けようーーー私はそんな青写真を描いていました。

しかし、その思いは、打ち砕かれました。私の選挙ポスターは、公費分の半分以下の枚数しか作られませんでした。ポスター貼りのとりまとめ役がポスター貼り代を着服した結果、貼られることがなかったポスターが何百枚もありました。公選ポスターなどから、「横手出身」や「都議」という経歴が削除されました。

「政党交付金は選挙には使えない」と嘘をつかれて、私の個人口座や後援会口座の金が優先的に使われた結果、政党交付金が基金口座に残されました。私の名を使った銀行口座は、私の委任状なしに開設されていました。銀行との間で、慣れ合い関係がなければ絶対にできない、不法行為でした。

基金口座のおカネは、私が総支部代表である限り、私の意思で出し入れできますが、私を追い出せば、追い出した人たちが自由に使えます。

その追い出し作戦かと思いますが、選挙後、5日目の夕刻、松浦議員ら5人が私の自宅兼事務所に突然やってきました。私は1人でした。5人は上がり込んできて、私に罵詈雑言をあびせました。心底、恐怖を覚えました。このツルシアゲで、秋田で頑張ろうと思っていた私の心は、萎えてしまいました。

裁判を通じて、政党交付金を残したいがために私をダシに使ったことが、はっきりしてきました。これが、私に対する背信行為でなくてなんでしょう。

政党交付金は、国民全員が一人250円を出した血税です。政党の健全な活動のためにつくられました。つまり、私に対する背信行為は、国民に対する背信行為なのです。

政党交付金の間違った使い方を明らかにすることは、いまわしくも稀有な体験を積んでしまった私の義務だと思っております。

裁判長、厳正なる審判をお願いいたします。


(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。これまでの報道や報告は左下Moreを。
c0166264_15134969.jpg






政党交付金のうまみを熟知していて追い出した
傍聴記:深い谷間に突き落とそうとした
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記
傍聴記 「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」
三井マリ子VS松浦大悟裁判 傍聴記
どこまで女を食い物にするのか
衆院選秋田3区
普通のおばちゃんが考える「政党交付金」
澤藤弁護士ブログから政党交付金の国庫返納を考える
悪しき慣習に一石を投じた
政党交付金440万余円、国庫返還へ
今日の読売に政党交付金の国庫返納記事
黒人射殺事件不起訴から秋田の事件を考える
「秋田のため、女性のため」と
真実は外面だけではわからない
委任状
普通のおばちゃんが考える「政治とカネ」
「政治とカネ」、秋田衆院選から考える
小渕優子事件と三井マリ子事件の類似点‏
きわめて日本的
私は納得いきません
許せない!幕引き図った検察
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
c0166264_15134969.jpg
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-25 15:47 | 秋田