傍聴記:深い谷間に突き落とそうとした

c0166264_13314621.jpg
1月16日(金)、私は、法廷の傍聴席に座りました。これで3回目の傍聴となります。

法廷内はシーンと静まりかえっていました。固唾を呑んで待っている中、裁判官の歩く足音だけが耳に入りました。そして裁判官3人が入廷しました。

傍聴席から裁判官席、原告席、被告席を眺めながら、疑問がわいてきました。

この民事裁判の原告である三井マリ子さんは、遠い長野から8時間もかけて秋田までやってきて、欠かさず出席しています。しかし、被告である松浦大悟さんは、秋田市内にいるのに、昨年1月に1度出席しただけで、法廷に姿を見せません。

裁判は、代理人の弁護士さんだけでいいそうですが、なぜ不法行為で訴えられている当時者の松浦さんは出席しないのでしょうか。三井さんが間違っていて自分が正しいと言うのでしたら、三井さんの訴えを直接聞いたらどうでしょうか。

松浦さん、貴方は2012年の衆院選の前、三井さんに「全身全霊でお支えする」「24時間体制でお守りする」「盤石の態勢で支援する」などと言って秋田に引越しさせ、秋田で政治活動をするように懇願したのですよね。

それまで長年、女性議員を増やすために超党派で全国的活動をしていた三井さんは、貴方の言葉を信じて、悩みつつも、最終的には秋田に移住して、立候補する事を決意したのです。

そして解散、総選挙。2012年12月、松浦さん、貴方は三井さんと一緒に降りしきるあの雪の中を日夜、声をからして遊説したのではありませんか。

それなのに、落選して5日目、疲労の極致にあった三井さんに対して、約束もなしに、突然襲って、「出て行くように」と言ったのですね。

松浦さん、なぜ貴方は暗くなってからやって来たのでしょうか。なぜ貴方は三井さんが1人のところをねらいうちしたのでしょうか。なぜ5人もそろってやってきたのでしょうか。

貴方のした事は、たとえ話で言うと、疲れきっていた三井さんを、背後から思いっきり強く押して、深い谷間に突き落とそうとしたように思えてなりません。

亀田 純子  さみどりの会(*) 秋田市

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は左下のMoreをクリック。
c0166264_15134969.jpg





普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記
傍聴記 「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」
三井マリ子VS松浦大悟裁判 傍聴記
どこまで女を食い物にするのか
衆院選秋田3区
普通のおばちゃんが考える「政党交付金」
澤藤弁護士ブログから政党交付金の国庫返納を考える
悪しき慣習に一石を投じた
政党交付金440万余円、国庫返還へ
今日の読売に政党交付金の国庫返納記事
黒人射殺事件不起訴から秋田の事件を考える
「秋田のため、女性のため」と
真実は外面だけではわからない
委任状
普通のおばちゃんが考える「政治とカネ」
「政治とカネ」、秋田衆院選から考える
小渕優子事件と三井マリ子事件の類似点‏
きわめて日本的
私は納得いきません
許せない!幕引き図った検察
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
c0166264_15134969.jpg
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-20 13:43 | 秋田