スイス次期大統領はフェミニストでピアニスト

c0166264_20305082.jpg2015年1月1日から、スイスの大統領は女性となる。

初の女性大統領は、シモネッタ・ソマルーガSimonetta Sommaruga。54歳。

シモネッタ・ソマルーガは、元ピアニスト、そして男女平等推進論者であり、社会民主主義者。男女同一労働同一賃金めざしてがんばってきたという。とっても、クール!

現在ディディエ・ブルカルテール大統領を支える副大統領であり、、司法・警察相だというから、大統領就任は当然と言えば当然だ。選挙によって圧倒的多数を獲得し信任された。

スイスの連邦内閣は閣僚7人。その7名の中から担当相を兼任する大統領が1年ごとに交代で任命されるらしい。1年とはいえ、フェミニストが国のかじ取りをするなんて、素敵だ。

スイスの女性が参政権を獲得したのは1971年だった。連邦憲法で男女同権が定められたのは1981年だというから驚きだ。

しかし、である。現在のスイスは、連邦、州レベルの議会で多くの女性議員が議席を占めている。2011年の総選挙で女性議員は国会で31%。3人に1人が女性となった。お見事。

あー、それにひきかえ、日本の女性が参政権を初めて行使したのは約70年も前だ。なのに、なのに、女性議員は国会議員のわずか10%以下(衆議院)。

なんとかしよう!

High-stakes year ahead for Switzerland’s new president
Sommaruga elected as next Swiss president
女性の雇用率の高い国は
スイスの内閣、女性過半数に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-27 20:43 | ヨーロッパ