オバマ、記者質問を全て女性に

c0166264_10365992.jpgオバマ大統領は、12月19日、金曜日、歴史に残るような記者会見をした。この日の質問者8人すべて女性にしたのだ。

世界各地からの報道によると、その日の記者会見は、オバマ大統領がハワイで家族と迎えるクリスマス休暇直前の、今年最後の記者会見だった。

「オバマ大統領のリストのおかげで、女性の政治担当ジャーナリストにとっては、最高の年だった」(ガーディアン紙)

「アメリカ大統領をカバーする報道機関には女性が多数いて、夜討朝駆けで激務をこなしています。質問者リストがそろった時点で、特別なチャンスではないかと考えたのです」(ジョッシュ・アーニストホワイトハウス報道官)

質問者は、前もって長いリストからオバマ大統領広報担当官が決める。大統領はそれを承認し、女性ジャーナリストだけだとわかっていた。“計画的”だった。

大統領の記者会見に女性が参加できるようになったのは、1960年代からだという。それまで長い間、ホワイトハウスの報道は男性に独占されていた。今でも、政治報道は男性記者が幅を利かせている。

大統領は、歴史的に排除されてきた人たちに対して“下駄をはかせた”のだ。

英語でアファーマティブ・アクション(積極的差別是正策)と呼ばれている。差別がなくなるまでの、暫定的な特別施策といった意味で、アメリカでは黒人差別を解消するためにはじめられた。しだいに、女性差別解消に世界で実行されるようになった。日本で話題のクオータ制もこの政策の一つと言える。

Women rule at President Obama's final press conference of 2014
President Obama Calls Only On Women During 2014′s Last Press Conference 
That time Obama called on only women at a press conference
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-25 10:47 | USA