女性の衆議院議員は1割に満たず

衆院選が終わった。
熱のないまま、あっと言う間に終わった選挙だった。

投票率は52%ぐらいであると報道されている。
2年前の衆院選59.3%より、さらに下がった。

人口の半分、有権者の半分を占める女性はどうか。
報道によると当選者475人のうち45人で9.4 %。
女性の当選者は、1割に満たなかった。

女性候補は1191人のうち198人と16%にすぎなかったから
結果は目に見えていた。

世界各国の議会でつくる列国議会同盟(IPU)によると、
日本の前回の衆院女性率8.1%は189カ国中163位だ。
IPUは、世界には女性議員が10%に満たない国が
まだ34カ国あると指摘した。

今回、またしても日本は、このお仲間から脱することができなかった。

女性の衆議院議員は、日本の半数を占める女性の
代表でもある。

非正規雇用から抜け出せない女性、
圧倒的貧困におしつぶされるシングルマザー、
高齢女性への暴力・虐待・・・

こうした声なき声を政治の場に届けてほしい。
党派を超えて待ったなしの政策のはずだ。


▼「政治は男のものではない」と叫ぶフランスのポスター
c0166264_15584827.jpg
女性議員を増やそうというフランスのキャンペーン。
「政治は男のものではない」
「あなたの地方で運動しよう」
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-15 08:51 | その他