スウェーデン国会、ヨルダン国会の女性問題

c0166264_21195040.jpgスウェーデンは、今秋、久しぶりに社会民主党党首が首相となった。ところが、少数与党を率いる首相スティファン・ロベーンは、政府予算案が否決されていまい、議会解散を表明した。

大喜びするのは、政府予算案を否決した極右の民主党ではなく、国会に議席をまだ持たないフェミニスト党だ(写真上)。フェミニスト党は、前回選挙の票に6万票上乗せすると、一挙に17議席誕生となるらしい。

ノルウェーの有力紙アフテンポステンによると、フェミニスト党創設者のGudrun Schymanは、今、スウェーデン政界の最大の争点は、極右政党がしがみつく移民反対問題であり、移民に寛容な制度を求めるフェミニスト党こそ、正しい方向に政策のかじ取りができると強調する。

スウェーデンは世界1、2の男女平等国家だ。国会における女性議員も43.6%だ。日本からしたら夢のような男女平等国に、なぜフェミニスト党が台頭するのかといぶかしく思うかもしれない。しかし、男女平等社会に近づいているからこそ、その先の、さらなる平等の実現を求める潮流が生まれる、と見ていい。

c0166264_21204459.jpg同じ国会の女性問題だが、お国変わると扱われ方が全く違ってくる。

中東のイスラム社会ヨルダンの国会で、女性をめぐって激しい議論が繰り広げられた。BBCによると、女性国会議員al-Fayezは、男性議員al-Saudから「座りなさい」と命じられたが、座らなかった。

すると激こうした男性議員は、「クオータで国会にいるすべての議員に神の報復あれ」と脅した。

さらに彼は、「神は、女性を化粧して夫のために料理をするように創りたもうた」と告げた。

日本にもよくあるが、「女は男の言うことを聞くもの」という凝り固まった頭の男性は、女性が思い通りにならないと、怒鳴りちらしたり、「女は男の従属物」ととんでもないことを言い出す。

ヨルダンは、クオータ制によって国会の105議席中15議席が女性に割り当てられている。通常の選挙によって女性が3人当選したため、現在、国会に女性は18人、17%いる。

ヨルダンの、この女性侮蔑国会中継がYouTubeで流れている。男性議員がものすごい剣幕で怒鳴りちらしている。大勢の男性議員のなかに女性がたった1人、果敢に闘っている。(写真下.黄色マル以外全て男性)。

以上、世界のホットニュース。日本の国会がどちらに近いか、それは言うまでもない。

Svenske feminister jubler over ny valgsjanse
#BBCtrending: The political gender spat that sparked endless memes in Jordan(ヨルダンの女性侮蔑国会中継YouTubeはlここ)
https://www.facebook.com/video.php?v=899750403377196
フェミニスト党EU議会に当選
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-06 21:22 | 北欧