政治は男のものではない

c0166264_15584827.jpg


日本で女性が初めて投票に参加できたのは1946年の衆院選だった。そのとき女性の衆院議員は466人中39人、8.4%だった。あれから68年たったというのに、衆院の女性議員は480人中39人で8.1%に減ってしまった。

世界各国の議会でつくる列国議会同盟(IPU)の最新調査によると、この8.1%は189カ国中163位。世界には女性議員10%以下の国がまだ34カ国あって、日本は、堂々そのお仲間だ。

フランスは、20世紀まで女性政治参加後進国だった。その遅れをとりもどそうと、官民あげて運動を展開した。

その時のポスターがこれ。パリジェンヌが呼びかける。

「政治は男のものではない」

「あなたの地方で運動しよう」

それからウン年経って
フランス国中の3500人以上の市で、女性議員が22%から47.5%に
フランス国会下院の女性は、19%から26.2%に増えた

バリジェンヌの魅力に負けた? だけじゃない。そのカギは今、日本で問題になっている政党交付金だ。候補者を男女均等にしないと減額する罰則をつくったのだ。
詳しくは、I 女のしんぶん「叫ぶ芸術」を。

フランス、新しい男女平等法へ
仏、「歴史上の偉人に女性を増やせ」
フランス、性差別賃金会社に罰金刑
フランス「パリテ内閣」、「女性の権利省」誕生
21世紀のフランス革命
フランス議会は男女半々(パリテ)へ
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-06 16:14 | ヨーロッパ