憲法9条、ノーベル平和賞候補最終リストに

c0166264_2111511.jpg
10月10日11時(オスロ時間)、ノーベル平和賞が委員長のトルビョルン・ヤーグラン元首相(労働党)から発表される。

まだ決定に至っておらず、断続的に会議が開かれている。そんな中、ノーベル平和賞史の専門家の平和研究所所長Kristian Berg Harpvikenと、Asle Sveenの2人が、海外特派員の取材に答えた。

ノルウェー報道によると、真実にせまる報道を続けるロシアの「ノーヴァヤ・ガゼータ」、またはパキスタンのフェミニスト・人権運動家マララ・ユサフザイが最優力のようだ。しかし、まだまだわからない。

憲法9条を愛する日本人にとって、注目されるのは、Harpvikenの最終リストに「憲法第9条を守る日本国民」が加えられているらしいことだ。

Harpvikenは、「憲法9条を守る日本国民」が受賞する意義は、中国との爆発寸前ともいえる領土紛争に対して意義があること、東アジアに関心が寄せられるようになること、軍事化への反対勢力が報われることになること、と答えている。

Sveenも、日本国憲法9条に賞を与えることは、「過去の誤りを修正」することになるから賛成だと述べている。彼は、1974年のノーベル平和賞を、非核武装に反対する人物として佐藤栄作(元首相)に授与したが、実際は彼は核武装に反対ではなかったので、最悪の間違い(den verste tabben)だった、と主張している。

加えて、北アイルランドの平和運動家でノーベル平和賞を受賞したマイレッド・コリガン=マグワイアは、日本国憲法第9条をノーベル賞候補にと、かねてから声をあげていた。

もしも、「憲法第9条を守る日本国民」がノーベル平和賞を受賞することになったら、町に出て踊りだしたい! 安倍政権の最大のもくろみ――改憲ーーが崩れさるだろう、と思うからだ。

Norges Fredsrad
Dette kan ikke Nobelkomiteen komme utenom
Nobel speculation rises in Oslo
Å velge en vinner
ノーベル平和賞選考委員会
ノーベル平和賞授賞式が行われるオスロ市庁舎ホール
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会
「憲法9条にノーベル平和賞を」の署名が簡単にできるサイト
2008年9条世界会議_録画
Nobelkomiteen
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-04 21:18 | ノルウェー