政府のガザ政策を批判して英閣僚辞任

c0166264_612339.jpgイギリスの閣僚サイーダ・ワルシ (Sayeeda Warsi)が、辞任した。

8月5日の朝、サイーダ・ワルシは、ツイッタ―で、「政府のガザ政策をこれ以上支持することはできません、とキャメロン首相に、今朝、辞表を提出しました」と、公表した。

イギリスメディアによると、辞表には、「ガザ地区の危機に対するイギリス政府の対応と表現は、道徳的にまったく弁解の余地のないものです」と痛烈な批判が書かれていた。

敢然と1人、政府内から批判ののろしをあげた勇気をたたえたい。

1971年生まれのイスラム女性サイーダ・ワルシは、パキスタン移民の娘で、弁護士。白人男性が目立つキャメロン内閣にとって、彼女の存在は、多様性と寛容さのシンボルでもあった。

パレスチナ自治区ガザに侵攻しているイスラエル軍は5日、7時間の人道的休戦を行うと発表した。遅すぎる。すでにガザ側の死者1800人以上、負傷者約1万人。うち約7割が市民で、18歳未満の死者は350人以上だ(朝日新聞)。

Lady Warsi resigns over UK’s ‘morally reprehensible’ stance on Gaza
Cameron rejects Warsi criticism over Gaza
In full: Warsi's resignation letter and PM's response
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-06 06:14 | ヨーロッパ