人気歌手が語る音楽界のジェンダー

c0166264_910689.jpg夏真っ盛り。野外ロックコンサートやジャズコンサートも真っ盛り。

ところが、ところが、楽器を演奏するバンドを見ると、バンドメンバーは世界中、圧倒的に男性だ。フーム...

その音楽界のジェンダーに切り込むのは、ノルウェーのNRK(日本のNHKにあたる)。人気歌手のインタビューで浮かび上がらせるところが、にくい。要訳して紹介する。

―スウェーデンの人気歌手ヴェロニカ・マッジョ(Veronica Maggio、33)は、子どものころ、音楽バンドは「男のもの」だと教わった。だから、彼女は、将来の世代にはそうならないように自分たちが頑張らなければいけないと信じている。

―ヴェロニカ・マッジョは、サマーフェスティバルも、男女平等ではない、と思う。子どものころから、女の子はかわいらしく、男の子はタフであれと言われながら育ってきている。だから、男女平等のカルチャーをつくりあげるには、私たち若い世代が今どう動くかにかかっている。

―ヴェロニカ・マッジョは、ポップコーロ(Popkollo)というバンドと一緒に歌うことが多い。ポップコーロは、スウェーデンの12歳から18歳の女の子だけで構成されるバンドだ。2006年、音楽バンドに女性を増やすことを目的にできた。ノルウェーにあるラウドと呼ばれる、11歳から17歳の女の子だけのバンドのスウェーデン版だ。

―音楽バンドは男性がするものというふうに育ってきても、ポップコーロにはいると、女の子は自信をつけていく。ベースもドラムだって演奏できるんだ、と女の子たちは教えられる。

―音楽ツアーやイベントで、楽屋などを歩いていると、よく「誰のガールフレンド?」と聞かれたり、「どのバンドのグルーピ―?」と言われたりする。

ー女性だけの音楽バンドは、「女のバンド」と呼ばれる。男性だけのバンドは「男のバンド」と呼ばれないのに。

ノルウェーやスウェーデンの政界は、世界がうらやむ女性進出をなしとげてきた。しかし、音楽界はまだらしい。では、どうしたらいいか。指をくわえたまま黙っていないのが北欧諸国だ。スウェーデンもノルウェーも、男性に偏った音楽バンドを打ち破るために、政府肝いりで、女の子だけのバンドを創設させ、力を注いでいる。ウン年後の音楽シーンが楽しみだ。

Skjevheten starter tidlig
Popkollo
Loudcamp
シャルロット・チャーチのポップ界批判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-20 09:25 | ノルウェー