ワールドカップとジェンダー:ブラジルの女たち

ブラジルでのワールドカップが終わった。世界の目がブラジルの地に注がれていた。

日本のワールドカップ・サイトには、ブラジル女性をはじめ女性の顔がたくさん載っている。題して「美人サポーター」。英訳は、2014 FIFA World Cup Brazil Beaty Girls だそうだ。

そのサイトの右下には、「美人サポーターランキング」があって、サッカ―を応援する女性の顔が、獲得ポイントごとに1位、2位・・・と上から順に陳列されていた。闘うのは男のみ、「女は顔」だといわんばかりだ。

しかし、開催国ブラジルに目を向けると、大統領ジルマ・ヴァナ・ルセーフ(1947年生)をはじめ、闘う女性が多い。ルセーフ大統領は、若いころ、反軍政の地下運動で2度も投獄されたという。

私の所蔵する1枚のブラジルのポスターから、もうひとつのブラジルを追ってみた。

c0166264_1323281.jpg


オランダ対オーストラリア、ドイツ対アルジェリアの試合があったのはブラジル南部の大都市ポルトアレグレ。ブラジルを代表する港町で、140万人が住む。

このポスターは、そのポルトアレグレ市がつくった。

2002年1月29、30日「参加型民主主義と女性」と題する国際会議。会場はポルトアレグレ市議会議事堂。ポスターの真ん中のマイクの影が“メスマーク”だから、女性の声を届けるための会議だろうと察しはつく。

ワールドカップの日本のホームページで女性が登場する欄は、「美人サポーター」と題されているが、この国を一皮むくと、闘う女性が現れるのである。

続きは、「叫ぶ芸術:サッカー王国の闘女たち(ブラジル)」 by I 女性会議を。

ワールドカップとジェンダー:ドイツ首相のスピーチ
ワールドカップとジェンダー
なでしこ一般席、男子チームはビジネスクラス
日本サッカ―協会を変えるか、日本女性の世界制覇
日本女子サッカー、強豪ドイツを破る
JOC、女子ボクシング出場機会奪う
女子サッカー選手を「オンナ」と呼ぶ週刊朝日
日本女子サッカ―、世界の頂点に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-16 09:57 | 中南米