スウェーデン次期首相は溶接工

c0166264_10315810.jpgスウェーデンは、今秋、政権交代だろうと言われている。すると、スウェーデンの次期首相には、社会民主党の党首が就任する。

社民党党首はステファン・レヴェンStefan Löfven。彼に関する報道が、ノルウェーから届いた。

日曜日の演説で、ステファン・レヴェンは、「スウェーデンは世界のフェミニスト・モデルとなるべきだ」と唱え、数々の男女平等政策を力説し、聴衆から拍手喝さいをあびた。

いわく、すべての職場に男女平等のメスを入れる
いわく、すべての労働者はフルタイムであるべきだ
いわく、男女同一価値労働同一賃金を実現する
いわく、女性の仕事の価値を低く見ることをやめるべきだ

そして、「わたしたちが最も弱いとき、国は最も強くあるべきだ」と、福祉の重要性を強調した。

いったい、この男性は、どんなふうに育ってきたのだろうか。

彼は1957年ストックホルム生まれ。生まれてまもなくみなしごとなり、孤児院(児童養護施設)に入れられた。その後、養親に育てられた。高校卒業後、大学入学するも中退し、エルンシェル ツ ビクで溶接工に。1980年代初め、溶接工の組合代表となり、労働組合の要職を歴任。その後、金属業労働者連合のオンブズマン、そしてスウェーデン金属産業労働組合(IF Metall)の会長。2006年に社民党本部幹部に就任し、政界にはいった。2012年、社民党党首に選任された。

履歴を見ると、「溶接工から首相に」となる。いや、正確には「溶接工からフェミニスト首相に」だ。スウェーデンという平等社会の申し子のようだ。

彼の男女平等政策は、社民党のベテラン政治家Margareta Winbergからの薫陶による、とノルウェー紙は報道している。

最後に、彼の鮮烈なフェミニスト路線に忘れてならないのは、5月に行われたEU議会選挙だ。スウェーデンでは、緑の党やフェミニスト党など左派の人気が高まり、社民党のおかぶが奪われそうだったのだ。背後には、政治をあきらめない女性たちの力がある、と言える。

Sverige skal bli et feministisk forbilde for hele verden
Møt barnehjemsgutten som skal reparere det svenske folkhemmet
Samtal om mäns våld med Stefan Löfven
スウェーデン社民党は“おやじ政党”
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-30 10:36 | 北欧