ワールドカップとジェンダー

ワールドカップが始まり、世界の目がサッカ―に注がれている。

悔しいことに、今回のワールドカップは、オリンピックと違って男だけのスポーツ大会だ。テレビも新聞もネットも、男、男、男。ワールドカップの日本のホームページで女性が登場するのは、サポーターのページ。そのタイトルは「美人サポーター」。そのピントはずれに、さすが日本だな、と苦笑した。

ところが、お国変われば…。

先日、ノルウェーのワールドカップ放送が「男性に偏らない報道」と世界の注目をあびた。

c0166264_932464.jpg


NRKのスタジオでスペインとチリの試合中、コメンテーターの4人中3人が女性だったのだ(上の写真)。

その映像を見て「オッ」と思った男性がツィットしたところ、「他局とはちょっと違うね」「ダイバーシティ(多様性)だね」「誰が人選を決めたの」と肯定的なメッセージが数多く流れたという。

世界の称賛をあびたNRKのこの番組を、ノルウェー全国紙ダグブラデトが報道した。NRKは日本のNHKにあたる。それによると、NRKのスポーツ担当ディレクターは、こう語った。

「スタジオの人選は、ずっと以前に決まっています。ジェンダーで選んだのではありません。女性たちはみなサッカ―やスポーツ解説に経験、知識があり、最適の人だからです」

スタジオにたった1人だった男性(写真上)にも取材をしている。「黒一点(hanen i kurven)でどうでした」への男性の答えが、いいねぇ!

「僕は、男性1人だというように感じませんでしたね。楽しかったです。非常に優秀な人たちと一緒に出演できて光栄でした」

Norge hylles for kjønnsnøytral dekning
Dette NRK-bildet vekker oppsikt verden rundt
JOC、女子ボクシング出場機会奪う
女子サッカー選手を「オンナ」と呼ぶ週刊朝日
オリンピックに、女性スキージャンプ競技加わる!
NRKとNHK--報道における女性
日本女子サッカ―、世界の頂点に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-26 09:57 | ノルウェー