女性市区議員13.6%

「来年は統一地方選挙。多くの女性が挑戦して欲しい」。こう言うのは、秋田市議会議員見上まり子議員だ。

秋田市議会議員39人のうち女性は5人。12.8%だ。かろうじて1割を超したが、全国平均13.6%を下回っている。

下記のグラフ(『全国市議会旬報 4月15日版』)によれば、現在、女性議員は全体の13.6%だ。合併などで議員数が減った割には、女性議員の割合は増えている。

しかし、日本政府が目標にする「2020年まで、社会のあらゆる分野の指導的地位に、女性を30%」にほど遠い。2020年までわずか7年しかない。5年間でたった1%という、このスピードからしたら、2020年の女性議員はよくて15%ほどか。

c0166264_19364368.jpg


以上、見上議員のブログ「はつらつ秋田を考える」を参考にした。

さて、以上は、あくまでも市区議員における女性の割合だ。これに町村が加わると、さらに女性議員割合は下がる。

地方議会は国会と異なり生活に根差した政策を決める場だ、といわれる。しかし、その場の9、8割が男性では・・・これじゃ、保育所の充実、介護地獄の解消、セクハラ・DV・ストーカー対策がすすまないわけだ。

日本の女性国会議員、189カ国中163位
日本の女性議員率、世界163位
男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-08 20:49 | 秋田