「世界の母親レポート」、日本32位

c0166264_23132135.jpg
1位フィンランド、2位ノルウェー、3位スウェーデン、4位アイスランド、5位オランダ。

2014年「世界の母親レポート」の母親ランキングだ。毎年、母の日にちなんで、セイブ・ザ・チルドレンが、世界各国の母親の健康・教育程度、子どもの健康、経済状況、政治的地位を調査して発表する。

このところノルウェーは、フィンランドに首位を譲っている。それはともかく今年も、北欧諸国の母親が世界で最もハッピーであることは証明された。

日本は32位で、昨年の31位、一昨年の30位から、少しずつランクを落としている。

最も母親ランキングが低かった国はソマリア。178位のソマリアの母親の置かれている現実は目を覆いたくなる。16人に1人の母親が出産時に死亡、5歳までに死亡する子どもが15%に達し、子どもは平均2年半しか通学してない。ソマリアに次いで、母親がアンハッピーな国はコンゴ、ナイジェリア

1位のフィンランドは、母親の出産時死亡は12000人に1人以下、5歳までに亡くなる子どもは345人に1人いるかいないか。同じ地球に産まれた命の重さが、これほどまでに違うとは。ショックだ。

http://www.savethechildren.org/
フィンランド、母親がもっともハッピーな国
ママが世界一幸せな国はノルウェー
世界一ハッピーな母親の国は?
男女格差、世界136カ国中105位
日本の女性議員率、世界163位
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-06 23:18 | 北欧