4月15日の毎日新聞

民主党秋田県の大会があったらしい。毎日新聞で知った(↓)。

民主党秋田県の代表は松浦大悟前参議院議員だ。その松浦代表が訴えられている訴訟も載っていた。「供託金は三井さんに返却したら」と言った裁判長提案についてだった。

書いたのは松本紫帆記者。記事によれば、松浦代表は、「供託金は、三井氏とやり取りが途絶えていたため、やむを得ず県連で保管していた」「三井氏は党に寄付すべきだ」と主張したという。

三井さんは落選後、松浦議員秘書(当時)に選挙の収支を教えてほしいと繰り返し要求している。無視されたため、松浦議員に手紙やメールで依頼している。それでも返事がなかったので催促の手紙まで出している。それに答えなかったのは松浦議員だ(「訴状」)。

松本記者のおかげで、民主党秋田県の実態が明らかになってきた。

                       岡田ふさ子 さみどりの会事務局(注)

c0166264_1152562.jpg

▲毎日新聞 秋田版 2014/4/15

(注)衆院選で落選した三井候補は、民主党県連の松浦大悟代表らに資金の不明朗な会計処理をされたと提訴した。さみどりの会は三井さんの裁判を支援する会の愛称。c0166264_15134969.jpg「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津 英の短歌がある。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」はそれに由来する。右のマークは「さみどりの会」のロゴ(ふじみつこ作)。バッジもできた。

裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-22 11:30 | 秋田