国際女性デ― つづき

c0166264_13475383.jpgノルウェーから国際女性デ―の写真や動画が届いた。

オスロでは、約1万から1万5000人が参加したという。広場に集合して国会へのデモ行進をした。VG紙ネット動画動画を見たら、ものすごい混雑ぶりだ。

ノルウェーは、日本と同じくらいの面積に日本の30分の1しか人口がいない。1万から15000人というと、日本では35万人ほどが集まったと言える。

c0166264_1345416.jpg女性はもちろん男性も目立った。親と一緒に歩いている子どももいた。自作らしき大きなバナーをかかげて、行進する子どもたちも見つけた(下のVG紙のネット版動画より)。

国際女性デ―のイベントは、首都オスロだけでなくそれぞれの地方ごとに同じようにおこなわれた。それぞれの地方に独立した国際女性デ―委員会が設けられて、そこが集合場所や時間などの詳細を決め、HPなどで広報した。

オスロは3時集合だった。12時の地方、17時の地方…さまざま。HPには、「詳しくは、地方議員や女性団体に尋ねてください」などと書かれていた。

c0166264_13492228.jpgそう、ノルウェーでは、国際女性デ―に限らず、国会議員や地方議員たちが、一般市民と同じように運動にごく自然に参加する。というか、そもそも議員と市民との間に距離があまりない。

c0166264_21155961.jpgさらに日本と決定的に違う点は、一般メディアも、積極的に国際女性デ―について積極的に広報している点だ。集合場所、委員会代表のコメントをはじめ、国際女性デ―の歴史まで特集を組んで、その社会的意義を大々的に知らせていた。

Over 10.000 personer gikk i 8. mars-toget i Oslo(VG紙)
Hva skjer på kvinnedagen?
Se lesernes egne 8. mars bilder
http://ladyfestoslo.com/
Dette er status for norsk likestilling
ノルウェー国際女性デ―、例年にない高まり
3月8日は国際女性デー
The glass-ceiling index
【写真上・中はオスロ在住Kari Hirth提供】
[PR]
by bekokuma321 | 2014-03-10 14:12 | ノルウェー