ドイツ、子育て中の親、週32時間労働へ

c0166264_19512429.jpgドイツの家族相は、小さな子どもを持つ親の労働時間を週32時間にする、と発表した。

ドイツメディアによると、家族相マヌエラ・シュヴェーズィヒ(社会民主党)は、先週、こう述べたという。

「3歳以下の子どもを持つ男女はすべて、職場での時間を短縮してほしい。ドイツ経済は、家族のために労働時間を減らして、さらによりよいキャリア機会を持てるよう、フレキシブルになる必要がある」

いいねぇ!これなら仕事と家庭両立が無理なくできる。

ドイツの現行法定労働時間は1日8時間、週40時間を超えてはならないとされている。日本の法律も週40時間だ。しかし、残業が並ではない。朝日新聞によると、週50時間を超える人の割合は、日本28.1%。一方、ドイツはわずか5.3%だ。

日本は、労働組合が弱い、労働組合の要求を政策課題に乗せる議員が少ない――など課題は山積みだ。

32-Stunden-Woche für Eltern
Schwesig fordert 32-Stunden-Woche für Eltern
■ドイツ連立政権、クオータ制を決定http://frihet.exblog.jp/20956758/
■ドイツ新内閣の女性たちhttp://frihet.exblog.jp/21161890/
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-13 19:54 | ヨーロッパ