新年の報道:ノルウェーと日本

c0166264_18215312.jpg元日、ノルウェー紙は、女性の国会議員2人を紙面に登場させた(写真)。

2人の女性に、労働党がいかに国全体の貧困を少なくしたかを語らせている。

ノルウェーは、出生率が高い。母親はほとんど働いている。昨年まで労働党を中心とした左派中道政権だった。昨秋の国政選挙で、“生粋の保守政権”に変わった。つまり、2人はともに野党の国会議員だ。

うち、アネッテ・トレッテバルグステューエン(左)は国会の金融委員会メンバー。来日して、日本女性の社会政治進出を励ましたことがある。

2人は、ヨーロッパ諸国の貧困率の広がりをあげ、ノルウェーは、もっとも貧困率が少ない国のひとつであり、それは、過去何年間の労働党の政策によると語った。

今後、保守党と進歩党の連立政権によって、政策が変更され、「保育所の充実」よりも「現金給付」にシフトされる危険性をあげた。移民家族が多いノルウェーの貧困層を念頭に、彼女たちはこう語る。

「貧困の根絶は、一時的にお金をばらまくことではなく、貧困を生みだすシステムそのものにメスを入れることだ」

「貧困を抜け出すには仕事につくことだ。貧しい家族でも、優れた教育を受ける機会が与えられ、社会に受け入れられるようにする、それがもっとも大切である」

「保育園の費用の上限をあげたり、現金給付を増やしたり、中間手当(シングルマザーなどが仕事につくまでの支援策)を削減したり、など現政権の政策は、完全に間違っている」

「(現政権は)私立の学校を作ろうとしたり、私立の保健・介護分野を増やそうとしているが、長い目で見ると、社会格差を広げ、貧困率をあげる」

(つづきは左下Moreを)



ノルウェーでは、保育園は私立がほとんどだが、学校は小学校から大学まで、宗教関係など一部を除いて、ほぼすべて公立である。さらに病院は国立・公立で、保健・介護ケア部門も公立だ。

最新ニュースによると、学校に私企業が参入できるよう学校法を改正する現政権の目玉政策に、国民の過半数は反対しているという。選挙では保守政権を選んだが、誰にとっても必要な社会資源は税金によって賄うべきだとする平等志向は依然強い。

一方、介護はむろん、学校も病院も私立抜きには考えられないのが日本だ。私立大学に行く子どもを持つ地方の親はお金がいくらあっても足りない。子どもを大学にやれない家庭が地方に多いのもうなずける。それが貧困層から抜け出せない一因でもある。

日本の貧困率はOECD加盟30カ国中で上から4番目に高い。大沢真理東大教授はこう語っていた。

「日本の自殺死亡率は大変高く、出生率は世界最低水準、貧困率は主要先進国で最高水準にあり、これらは男女の性別の分業や役割期待と強く関連している。日本は生きにくい国」

それなのに、私たちは、新年早々、「人口密度が一定程度以下の地域への新たな公共投資はやめるべきだ」などというとんでもない記事を読まされる(朝日新聞1月4日「夏野剛の逆説進化論」)。タイトルは「強烈な人口減にらんだ国造り」。

彼のような考え方は、都会と地方の格差をどんどん広げ、女性にますます子どもを産めなくさせ、自殺者をさらに増やし、貧困率をますます高めるだけなのが、わからないのだろうか。

Økt kontantstøtte er en fattigdomsfelle
People at risk of poverty or social exclusion
Flertall sier nei til privatskoler
http://www.norway.or.jp/norwayandjapan/policy_soc/diversity/Lecture-young-Norwegian-parliamentarians-Japanese-women-in-a-meeting/#.UskMxtyCjGg
■イギリス労働党、保育園をタダに
http://frihet.exblog.jp/21335285/
■保育園か現金給付か
http://frihet.exblog.jp/17231238/
■NRKとNHK--報道における女性
http://frihet.exblog.jp/17018798/
■北欧福祉社会は地方自治体がつくる
http://frihet.exblog.jp/17001329/
■「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
http://frihet.exblog.jp/15706931/
■ノルウェー日刊紙が日本の女性を特集
http://frihet.exblog.jp/17172352/
■保育園と職場のある町が若いママをひきつける
http://frihet.exblog.jp/18060220/
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-05 18:27 | ノルウェー