アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援

c0166264_1953097.jpgアバABBAのメンバーだったベニー・アンダーソンは、スウェーデンのフェミニスト党(フェミニスト・イニシアティブ)に10万クローネを寄付した。日本円にして170万円。

フェミニスト党は、フェミニズムに基づくスウェーデンの政党だ。同党へのベニー・アンダーソンの寄付は、これで3度目だという。2009年に78万クローネ、2010年30万クローネ。

フェミニスト党は、2005年創設。翌年、初めて国会に挑戦したものの、0.68%、2010年は0.4%しか獲得できなかった。

スウェーデンでは、他の北欧諸国と同じく比例代表制選挙だ。政党が決めた候補者リストから、投票者は支持するリストを選んで投票する。当選者は、政党の得票率に比例して候補者リストの上から順番に決まる。大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに当選者が出る。リストの順番は男女交互が多いから、女性もほぼ半数当選できる。

比例代表制は、「勝負をつけるのではなく、票数の多い少ないを正確に議席に反映させる。つまり多数派と少数派の双方がその大きさに比例して代表される」。三宅一郎の弁だという。小選挙区制は邪悪だと言う石川真澄(元朝日新聞記者)が著書で紹介していた。

c0166264_20103332.jpgしかし、スウェーデンのフェミニスト党は、前回4%以下だったため当選者を出すことができなかった。でも、あきらめるどころか意気軒昂。

次の国会議員選挙は来年9月だ。今回、ベニー・アンダーソンが寄付したことによって、選挙キャンペーンがキックオフしたかのようだ。

ベニー・アンダーソンは言う。

「僕は、フェミニスト党Gudrun Schyman(写真)の男女平等の闘いに同感する」

「僕は資金提供で、この政党を支援する。フェミニストたちが今のスウェーデン国会に必要だからだ」

フェミニスト党は政党交付金を受けつけず、50万クローネを目標に個人寄付を募っている。ベニ―・アンデルソンの寄付によって、その5分の1が達成された。

スウェーデンは、世界一、ニの男女平等社会だ。そんな社会になぜフェミニスト党? とつい思ってしまう。いや、そういう社会だからこそ、あらゆる差別のない社会をめざす政党が生まれたのだろう。

アバの歌が大好きだった。それ以上に自由で爽快な4人のふんいきが大好きだった。よく踊った。

数年前、映画「マンマミーア」を観て、アバの歌に再び酔いしれた。

今年もあますところ数時間。そんな今宵、懐かしいベニー・アンダーソンさまにグッときた。今年、最後のいいできごと。来年は、もっといい年にしよう。

http://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=2054&artikel=5745228
http://www.thelocal.se/20131231/benny-andersson-abba-feminist-initiative-riksdag-donation
http://gamla.feministisktinitiativ.se/engelska.php
■スウェーデン社民党は“おやじ政党”
http://frihet.exblog.jp/17440944/
■スウェーデン初の女性首相なるか
http://frihet.exblog.jp/15138984/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-31 20:20 | 北欧