ノルウェー女性参政権100周年

c0166264_13574185.jpg
2013年は、ノルウェーの女性が参政権を得て100年にあたる。100周年を記念して、11月14日、15日には、オスロで国際会議「女性の政治的権利」が開かれた。

国際会議の目的は、100年間の道のりを振り返り、さらに将来どのようにして新しい世代の女性の政治参加を可能にするかを探る事だ。

ノルウェー初の女性首相、国連の「地球の持続可能性に関するハイレベル・パネル」のメンバーであるグロ・ハーレム・ブルントラント、南アの元副大統領で、国連女性機関(UN Women)事務局長のプムズィレ・ムランボ・ヌクカ、国連開発計画の総裁ヘレン・クラーク、ノーベル平和賞受賞者の人権活動家シリン・エバディ、NGOである国際危機グループの議長ビネタ・ディオプなど、国内外から力強いスピーカーが登場し、女性の政治参画と民主主義について語り合った。

c0166264_859432.jpg100周年を記念して、今年は年間を通じて、ノルウェー全土のさまざまな地方で、女性団体が中心となって独自に、女性参政権100年記念イベントが開催されてきた。上記国際会議は、その一環で、ハイライトのひとつだ。

都合により、記念すべき行事に参加できなかった。主な内容は、ネットで配信されるという。楽しみだ。

http://demokratirogaland.wordpress.com/2013/10/04/internasjonal-konferanse-om-kvinners-politiske-rettigheter-14-15-november-i-oslo/
http://www.fokuskvinner.no/en/Frontpage-EN/Conferences/Stemmerettsjubileet/
http://stemmerettsjubileet.no/
http://digitaltfortalt.no/things/stemde-dei/H-DF/DF.4418?state_id=&query=stemmerett&js=1&search_context=1&pos=1&count=28.
■ノルウェー女性参政権100年から考える
http://frihet.exblog.jp/19227329/
■女性ディレクターが作成した働く母親の日々
http://frihet.exblog.jp/19525831/


【上のイラストはノルウェー女性の政治参画に貢献した歴史上の女性たち4人。4人の業績は『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)に紹介されている】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-16 14:03 | ノルウェー