日本、OECD統計でも最悪

c0166264_11141582.jpg日本は、OECD諸国の中で最悪。

女性が国会(第1院)にどのくらい占めているかの最新の国際比較だ。

IPUの今年4月統計で、日本の国会における女性率は190カ国のなかで163位だったから、当然の数字だ。何度も繰り返しになるが、これでは、天の半分を支える女性の声が公的政策や予算に反映するはずもない。

OECD報告書「How’s Life2013」は、次のようにコメントする。

「選挙権は男女にあるものの、国会議員における男女格差はいまだに大きい」
「女性議員の占有率は、15年前の17%より格差は解消されたものの、平均27%にすぎない」
「トップは北欧諸国と南アフリカで42%。続いて、スペイン、メキシコ、ベルギー3カ国が36%ないし38%。しかし他の国々は20%以下にすぎない」

堂々、最低にランクインした日本は、下のグラフの最左。JPNと記されている。10%以下だ。中央の黒い棒がOECD平均27%。

c0166264_1119477.jpg

男女共同参画社会の実現は21世紀の我が国社会を決定する最重要課題―――こんな言葉を明記した法律があったっけなぁ。あれは、たしか、1999年6月のこと。男女共同参画社会基本法という法律だっけか、森まさこ大臣。

森大臣、あなたは、安倍首相のいう女性の活用とやらで、当選1回ながら初入閣。だって、あなたは、選択的夫婦別姓は家族崩壊などと唱える「神道政治連盟」のメンバー。神道政治連盟こそ、民法改正運動に長年、圧力をかけてきた右翼的団体だ。そう、あなたは、これ以上ない“最適の男女共同参画担当大臣”だ。


http://www.keepeek.com/Digital-Asset-Management/oecd/economics/how-s-life-2013/gender-differences-in-well-being-can-women-and-men-have-it-all_how_life-2013-8-en#page9
http://www.keepeek.com/Digital-Asset-Management/oecd/social-issues-migration-health/close-the-gender-gap-now_9789264179370-en#page1
■日本の女性議員率、世界163位
http://frihet.exblog.jp/19872037/
■日本136カ国中105位
http://frihet.exblog.jp/20872767/
■南ア、女性50%に向け全国キャンペーン
http://frihet.exblog.jp/10972917/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-16 11:28 | アジア・アフリカ