比例代表制は女性や弱者が当選しやすい

c0166264_2157089.jpgドイツで、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟が大勝した。得票率41.5%。

といっても、安定多数ではない。連立を組んできた自由民主党は4.8%と、5%に達せず、1議席もとれなかった。だからメルケル首相は、連立相手を探している。ひょっとしたら、緑の党と組むかもしれない。

日本の選挙は、ドイツの小選挙区・比例代表制の併用制に学んだらしいと聞いた。しかし、日本の衆議院の「小選挙区比例代表並立制」と似ているのは、言葉だけ。

基本が全然違う。ドイツは、小選挙区制も加味した比例代表制といったほうがいい。つまり、ドイツは、多数派から少数派までその大きさに比例して代表が決まる比例制が基本であり、日本は、選挙区で最も票をとった1人だけが当選する小選挙区制が基本なのである。

『この国の政治』(石川真澄著、旬報社刊)によると、ドイツでは、第二次大戦後、日本のような並立制が議会に2度提案され2度とも「否決された」。その理由は、「不公平な選挙制度だから」、だという。小選挙区制は、「民意をひどく歪めた政党の勢力分布をつくってしまう、非常に悪い制度」(石川真澄)なのだ。

昨年暮の衆院選を例にとると、自民党の比例代表得票率は27.6%にすぎなかった。そんな自民党が国会の議席の61%(480中294議席)を占めた。世襲議員のオンパレード。女性は10%にも満たなかった。なるほど、こりゃおかしい。石川真澄は正しい。

ドイツより純粋な比例代表制をとるのは、北欧諸国。その北欧ノルウェーについては、FEM-NEWSが報告してきたが、ドイツ同様、この9月、国会議員選挙があった。(続きは左下のMore)

c0166264_2154192.jpg




比例制だから、投票する人は、候補者名が印刷された政党のリストが並ぶ棚から、自分の支持する政党のリストを1枚選んで投票する(上)。

だけど、「この党はいいけど、この候補者は嫌い」と思ったら、候補者名の右横にバツをつけて削除の意志を示せる。また、「この候補はずいぶん下だけど、1番にしたい」と思ったら、その候補の左横の四角い箱に1番と書けばいい(下)。

c0166264_221479.jpg

ノルウェーは、過去8年間、労働党・中央党・左派社会党の連立だった。今回、この3党あわせても保守党・進歩党2党に及ばなかったため、労働党党首ストルテンベルグ(現首相)は、選挙後早々と下野宣言をした。

というわけで、次期ノルウェー首相は、保守党党首ソルベーグだ。同国史上2人目の女性首相となる。

ドイツ同様、彼女は、今、どの政党と連立を組むか交渉中だ。メディアによると、学校問題、エネルギー問題など微妙な政策の違いをどうすりあわせるか、会議は連日続いている。

とりわけ、注目されるのは移民問題だ。保守党と連立政権をになう予定の進歩党のタカ派的政策に、他党が同意できず、「ともに連立を組めない」という党首も出てきたらしい。選挙後1月たっているのにいったいどうなるのか、と日本人の私はやきもきするが、「これまで何度もノルウェーの連立政権は少数政権でした。それでやってこれましたよ」(Elisabeth Ivarsflaten)とのんびり。

どういう政権を組むか、党首たちは、ときには何カ月もかけて、じっくり膝を交えて話し合う。じっくり話し合うのは、みな慣れている。

何より、議員立候補者を選ぶリストつくりがそうだ。各政党のリストは、県にあたる選挙区ごとの選挙候補者選定委員会で決まる。各政党は、投票日半年前にあたる3月末まで、選管に出さなくてはならない。

その委員会の何カ月も前から、県を構成する各市の政党委員会で、誰を次の選挙の候補者にするかを自薦他薦の名前をあげて、じっくり検討が始まる。その時点で、どこの地域に住んでいるか、年齢、性別、がかならず考慮される。ほぼ全政党が尊重する「クオータ制」は、ここらあたりで実行される。

「供託金」はない。選挙に出る個人に1円もお金がかからない。育児休業中の現役ママだって、18歳のお金も時間もない学生だって、「立候補しよう」となる。18歳から60代まで幅広い層の候補が男女半々にリストに並ぶわけだ。

じっくりスタイルは、選挙運動も同じだ。政党の党員たちは、街角で、ショッピングモールで、政党のチラシやバッジを配りながら、一人ひとりにじっくり政策を語りかける。とりわけ、投票日を控えた週末の青空市には、全政党の選挙テントがズラリと並ぶ。候補者は、政策を伝えようと通行人に近寄る(下)。

c0166264_228578.jpg


中高生の政党員も珍しくないからだろう。政策パンフの派手なこと、わかりやすいこと。文房具、携帯ストラップ、飴など、カワイイ付属物にも、政党ごとに工夫がある。労働党は赤いバラが必須アイテムだ。チラシといっしょに、学校内で配ったりもする(下)。

c0166264_9432182.jpg


一方、日本は、選挙期間中は戸別訪問も公開討論会も禁じられている。政策パンフは、1枚ずつに証紙をはらないと配布できない。候補者は、ひたすら名前をがなりたてて宣伝カーを走らせる。

ドイツやノルウェーのように、投票用紙に候補者名が印刷されていないから、投票するときは、候補者名を自分で書かなくてはならない(下)。この、日本人なら当たり前だと思ってきた「自書式投票」、他にやっている国などどこにある。私は聞いたことも見たこともない。

c0166264_2248810.jpg


選挙の結果、ノルウェーでは、大政党は大政党なりに小政党は小政党なりに、得票率に応じて何議席かが決まる。各党のリストの上から順に当選者が決まっていくから、当然、女性は4割ほど当選する。今回、ノルウェーでは、女性の国会議員は39.6%だった。

ドイツの女性当選者はまだ不明だ。前回は33%が女性議員だった。


【写真の3枚目にあたる投票用紙は、リングダール裕子さん提供。ベルゲンを含む県(選挙区)の労働党リスト。リストには1番男性、2番女性、3番男性、4番女性・・・と男女交互に候補者が並べられている。選挙の結果、労働党は4人の議席枠を獲得した。有権者による変更権は効果がなかったようで、リストの順番通り上から4人、つまり、男女2名ずつが国会議員となった。この選挙区は次期首相の保守党党首の地盤だ。全体の定数は16人で、労働党のほか、保守党、進歩党など6政党から代表(国会議員)が選ばれた。「比例代表は民意をできるだけ正確に反映する」の見本だ】


◆ノルウェー、女性の国会議員増えず
http://frihet.exblog.jp/20718991/
◆世界一民主的な国
http://frihet.exblog.jp/19256560/
◆連立の3政党党首全て女性
http://frihet.exblog.jp/20711801/
◆ノルウェー選挙:性差も肌の色も越えて
http://frihet.exblog.jp/12280670/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-30 22:51 | ヨーロッパ