女らしい社会、男らしい社会

デンマークのニルセンさだこさんから、先日、メールが届いた。

デンマーク女性協会Dansk Kvindesamfundで行われた「デンマークと日本の男女平等比較セミナー」の貴重な情報だった。

興味をひかれた点を2つ。

まず、デンマークと日本の比較の原点が、Geer Hofstedeによる男らしさ・女らしさ社会の調査であったこと。実は、この男らしさ・女らしさ比較は、FEM-NEWSが、6月18日「ノルウェー男女両性の徴兵制へ」ですでに紹介した。

あまり日本で知られてなさそうなので、再び紹介したい。Geer Hofstedeによると、スウェーデンやノルウェー、デンマークなど北欧社会は、女らしさの度合いが高く、協調、質素、弱者への優しさ、生活の質などを重視する。

反対に、日本社会は男性らしさの度合いが世界で最も高い国のひとつで、成果、英雄主義(任侠)、主張、成功への物質的結果に重きを置く社会だという。

デンマーク女性協会のセミナーは言うーー男らしい社会である日本は、デンマークに比べ、激しい競争中心である。よって、女性は会社幹部や政治家になることが非常に難しい。

c0166264_22334540.jpg

とはいえ、セミナーは、デンマークも男女平等にはまだ遠いと分析する。その例に、出産後に育児休業をとる男性は、女性296日、男性36日にすぎないことをあげる。日本の実態を知る私は、「男性社員が平均1カ月以上も休む」ことに驚かされたが。

さらにセミナーは、赤ん坊を抱いた男性が掃除道具を持っている啓発ポスターを紹介する(上)。これが、デンマークの未来というわけだろうか。

題字は「He Can Do It! 男ならできる!」。言わずと知れた、戦争プロパガンダ用のアメリカ女性の「We Can Do It!」のパクリだ。このポスターは前に見たことがあるが、その強烈なインパクトに感銘を受けた。いつ、誰がこの男性版をつくったのだろう。

男性の顔を少し日本人風にして、日本中の会社の壁にはったらどうだろう。


http://danskkvindesamfund.dk/hvem-er-vi/vision.html
http://geert-hofstede.com/japan.html
http://www.aftenposten.no/amagasinet/--Norge-er-verdens-mest-feminine-land---bortsett-fra-Sverige-7209495.html
■TVドラマ「コペンハーゲン」
http://frihet.exblog.jp/20608001/
■3年前の強姦事件に200万円:デンマーク
http://frihet.exblog.jp/18029826/
■デンマーク初の女性首相誕生
http://frihet.exblog.jp/16859675/

[ニルセンさだこさんから追ってメールが来た。それによると、上記情報は、デンマーク男女共同参画目的で、デンマーク女性協会を視察した日本人訪問客のために、同協会コミュニケーション担当Helene G.Hansenが提供してくれたものだという]
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-17 22:43 | 北欧