婚外子差別撤廃への重い扉が開かれた

c0166264_1829368.jpg三井 さま

ご無沙汰しています。お元気でお過ごしのことと思い
ます。

すでにご存じのことと思いますが、今日9月4日、婚外
子相続差別規定は憲法違反との決定が出されました。

とうとうこの日がやってきました。

8月28日朝の最高裁前ビラまきをしたその日の夕方、
9月4日に決定の通知が出されるとの一報が入りました。

このように当事者に事前におしえることはこれまでなかったことなので、これで
憲法違反の決定がだされることは間違いないと言われ、そのときまで、またも
合憲決定が出されるのではないかと心配と不安の中にいましたが、違憲決定
が出される!との思いにやっと切り替わりました。

それまでは、合憲決定が出された場合は、抗議声明を出し、違憲決定が出され
た場合は、法務省への要請をすぐにもしなければと要請事項を作っていたので
すが、抗議声明はもう必要ないかなと印刷するのをやめました。

そして9月4日に、歴史的瞬間に立ち会い、喜びを弁護団とともに分かち合おう
と呼びかけ、50人ほどの婚外子の母や父たちとともにその瞬間を最高裁前で
待ちかまえました。

和歌山裁判の弁護団が3時に最高裁から決定書を受け取って、私たちの前に戻
ってきました。

憲法違反の決定、しかも全員一致の決定でした。これはすごいことだと思いました。

この全員一致の憲法違反の判断は、今後の政府や国会への重しになっていくだろ
うと思います。

最高裁前の報道が終わってから、参議員議員会館で、法務大臣あての要請書を
法務省に手渡し、婚外子相続差別規定の撤廃を始めとした婚外子差別諸制度の
撤廃に向け、早急な法改正の実現をと要請しました。

そのあと議員会館の食堂で、乾杯し、皆で喜び合いました。

今日、婚外子差別撤廃に向け重い扉が開かれました。さあこれからです。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

2013年9月4日

田中須美子 (なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

【以上は、4半世紀にわたって婚外子差別撤廃をめざして運動をしてきた田中須美子さんのメールです。個人宛でしたが、田中さんの許可を得て公開させていただきます。決してあきらめず闘ってきた当事者が、判決当日をどう迎えたかーー貴重なルポとしてお読みください。写真は明石書店刊『なくそう婚外子・女性への差別』】

◆最高裁、婚外子差別を違憲と断じるhttp://frihet.exblog.jp/20697289/
◆婚外子差別、違憲へhttp://frihet.exblog.jp/19611473/
◆婚外子の相続差別は違憲http://frihet.exblog.jp/16931195/
◆元最高裁判事泉徳治さん、婚外子撤廃の集会へ
http://frihet.exblog.jp/17824766/
◆婚外子差別TEL 相談http://frihet.exblog.jp/18445427/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-06 18:41 | その他