最高裁、婚外子差別を違憲と断じる

c0166264_1151218.jpg今夜は乾杯しよう!

結婚していない親に生まれた子は、結婚している親に生まれた子どもとの間に差別を受けて当たり前ーーこんな破廉恥な民法の規定は違憲である、と、今日9月4日、最高裁が断じた。

いわゆる婚外子差別の民法900条4号は、法の下の平等に反するとされたのだ。

長い間、この運動を続け世論づくりに寄与してきた、田中須美子さんをはじめ「なくそう戸籍と婚外子差別・交流会」に集う人たちは感無量だろう。いや、「遅すぎる」と怒っている人が多いのではないか。私もそうだ。

世界で初めて婚外子差別を法律で撤廃したのはノルウェーである。1915年の「カストベルグ法」だ。親が結婚していようといまいと子どもに罪はない、子どもは同じ権利を持つとした、世界で初めての法律だった。

この国際社会の流れは、婚外子出生率の違いに顕著だ。

婚外子出生割合:

ノルウェー  56
スウェーデン 54.7
フランス    52.6
イギリス    45.4
日本       2.1

◆婚外子差別、違憲へhttp://frihet.exblog.jp/19611473/
◆婚外子の相続差別は違憲http://frihet.exblog.jp/16931195/
◆元最高裁判事泉徳治さん、婚外子撤廃の集会へ
http://frihet.exblog.jp/17824766/
◆婚外子差別TEL 相談http://frihet.exblog.jp/18445427/

イラストは「なくそう戸籍と婚外子差別・交流会」HPより。
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-04 17:35 | ノルウェー