スクール・エレクション

「スクール・エレクションはとっても面白い。本当の選挙の結果を予測できるでしょ」

「それに、私たち生徒がどの政党に投票したらいいかを学べます」

ヨールンは18歳。ノルウェーのヘードマルク県にあるリンサッケル高校3年生だ。8月29日、高校でのスクール・エレクションが終わった。彼女は政治のクラス受講生でつくったグループでつくる選挙管理責任者の1人だ。

c0166264_185278.jpg

スクール・エレクションは、ノルウェー全土で、高校生が、選挙本番の1週間ほど前に行う、いわゆる“模擬選挙”だ。それぞれの高校で、生徒会が主催する。投票は校内で行われる、投票前には、全政党の候補者を全員招待し、政治討論会を開く。学校内で、政党の選挙キャンペーンもする。生きた政治教材そのものだ。

政治や選挙をタブー視している日本とはずいぶん違う。日本で、こんなことを許した学校の校長は首になるのではないか。高校教師をしていた私は、ノルウェーのスクール・エレクションを初めて知った時、腰がぬけそうなほどおどろいたものだ。

ヨールンの高校の選挙結果は、こうだった。( )は、2009年の結果。

労働党 27.0 ( 31.5 )
保守党 21.5 ( 11.6)
進歩党 13.1 ( 17.9)
自由党 6.8 (4.9)
海賊党 5.7 ( - )
中央党5.3 ( 4.5 )
赤党 4.7 ( 6.9)
緑の党 4.5 ( 0.6)
左派社会党 3.3 (7.1)
キリスト教民主党2.0 ( 1.0)
年金党2.0 ( 10.7)

5番目の海賊党は国会に議席のない極小政党だ。5.7%を獲得したところをみると、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を連想してか、高校生がつい投票してしまう名のようだ。緑の党も、国会にまだ当選者を出したことがないものの、前回の地方選で当選者を出して以来、人気が高い。こちらは、世論調査によると、今回は国会に当選者が出るらしい。

ノルウェーの国政選挙は9月9日だ。しかし、日本とは違って、事前投票日は2カ月間もあるから、投票を済ませた有権者も多い。7月1日から自宅や仕事場の近くで気軽に投票できるのだ。

投票権は18歳(高校3年生)からだ。投票権を持つ人ならだれでも候補者になれる。冒頭のヨールンも、今年、初めて投票権を行使する。極端な話、高校生の国会議員だってありうる。

投票用紙である「候補者リスト」は、政党が選挙区ごと(県単位)でつくる。何しろ、半年前までにつくらなくてはならない。つまり、今年の3月から、候補者名がマスコミで喧伝される。3月から選挙運動の火ぶたが切られているといっていい。

4月、政党の党大会。ここで、選挙に向けての政策が公表される。党大会でのハイライトは、党首演説だ。政党を選ぶ比例代表制だから、党首は、他党との違いを鮮明にし、オリジナリティを強調する。メディアは、党大会での党首演説を大々的に報道する。

夏が近づくと、テレビ・新聞による討論会、オスロ大学で行われる政党党首による政党イデオロギー講演会、そして、上記のスクール・エレクションなど、国中が選挙に向かって走る。

同時に、メディアは、連日、刻々と変わる世論の動向を調査し、各政党の得票率と当選数を報道する。

世論調査は弱小政党にとっては過酷だ。中央党と左派社会党は、労働党と連立政権を組む与党だが、スクール・エレクションの結果同様、支持率は日々下降・・・。それでも小政党は小政党なりに当選議員を出せるから、世論調査がどうあろうと、必死だ。これが比例代表制選挙のよさだ。

1人でも多くの国民に選挙や政党の政策を知ってもらい、政治参加意識を高めよう! こんな涙ぐましい努力を感じる。

以上は、ノルウェーの地方紙ウストレンディンゲン新聞による報道や前回の取材記事(明石書店刊『ノルウェーを変えた髭のノラ』)をもとにFEM-NEWSが構成した。

写真は、リンサッケル高校の公式ホームページの今日の表紙。メインの写真は、スクールエレクションで大賑わいの校内を知らせる画像。

◆Skolevalget følger meningsmålingene
http://www.ostlendingen.no/ringsaker-blad/skolevalget-folger-meningsmalingene-1.8041217
http://www.ostlendingen.no/nyheter/klart-vi-stemmer-1.8050026
http://www.ostlendingen.no/nyheter/dagens-skolevalg-blir-spennende-1.8046987
http://www.ostlendingen.no/valg-2013/ap-vant-skolevalget-i-innlandet-1.8049943

◆比例制選挙がいい
http://frihet.exblog.jp/20669975/
◆ノルウェー首相、タクシー運転手に
http://frihet.exblog.jp/20631969/
◆世界一民主的な国
http://frihet.exblog.jp/19256560/
◆9月にむけて、選挙運動始まる ノルウェー
http://frihet.exblog.jp/20421022/
◆民主・牧山議員「ノルウェーの政治教育」を紹介
http://frihet.exblog.jp/20199159/
◆ノルウェーは今日、スクール・エレクション
http://frihet.exblog.jp/16817311/
◆移民女性のための移民女性による選挙キャンペーン
http://frihet.exblog.jp/16538174/
◆スーパーの制服からスーツに
http://frihet.exblog.jp/16104175/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-03 18:58 | ノルウェー