ウィンブルドンの性差別

c0166264_22512079.jpg先週の土曜日、マリオン・バルトリは、ドイツのサビーネ・リシキを破り、ウィンブルドン女子シングルで初優勝した。セットカウント2-0(6-1, 6-4)でストレート勝ちだった。

テニス界の女王の座を勝ち取ったフランスの28歳は、今、イギリスの女性たちをわかせている。ガーディアンによれば、彼女の試合を生放送していた、BBCスポーツコメンテーターのジョン・インヴァダールJohn Inverdaleの性差別発言に端を発する。彼の古めかしい性差別コメントは・・・

「バルトリは、小さなころ、見た目がよくないから、シャラポラのようにはなれっこないよ、ボロボロになるまで闘わなくちゃ、ってパパに言われたと思うけど、どうかな」

テニスは、私も以前していたが、非常にきついスポーツだ。そのテニス界の頂点にのぼりつめた強靭な精神力とパワーを称えるどころか、容姿をとりあげて、あれこれ冗談を言う。男性優勝者には絶対ありえないことだ。

「受ける」と思ったから、口にしたのだろう。ところが、このコメントが放送された後、数時間で700通の抗議がBBCに来たという。

さらに月曜日、ロンドンで開催された「ジャーナリズムにおける女性」で言及されたBBCニュース部門のチーフは、「ジョン・インヴァダールのコメントは間違っています。彼は、自分の言葉に責任をとって、謝罪すべきです」と釈明せざるをえなかったという。

ジョン・インヴァダールは、「もし、いやな思いをさせたのなら、謝る」と言ったらしい。とんでもない性差別発言をした深刻さに、彼は気づいてない。それに、あれだけの抗議を受けてなお、彼を翌日男子の試合のコメンテーターとして登場させたBBCに対して、さらにブーイングが起こっている。

スポーツ界の性差別、女性蔑視は、東西を問わず根深い。スポーツ界こそ、フェア・プレーたれ、だ。

http://www.guardian.co.uk/sport/blog/2013/jul/10/john-inverdale-marion-bartoli-wimbledon
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jul/09/wimbledon-sexism-women-face-players-girlfriends
http://www.guardian.co.uk/media/2013/jul/09/john-inverdale-marion-bartoli-bbc
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jul/08/andy-murray-marion-bartoli-john-inverdale

◆高梨選手と女子スキージャンプ
http://frihet.exblog.jp/19321895/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-07-10 22:53 | ヨーロッパ