ノルウェー、告発者スノーデンの亡命希望国

アメリカ政府は、内部告発者スノーデンをスパイ容疑で追っている。今朝のニュースによると、スノーデンは、亡命したい国21カ国をあげた。そのうちの1つがノルウェーだという。

ノルウェーは、ノルウェーに対する亡命申請は、申請者がノルウェー本土にいなければならない。ロシアにいると考えられているスノーデンはノルウェーに亡命を申請できないだろうとメディアは報道した。

さて、2009年、ノルウェーのノーベル平和賞委員会は、バラック・オバマ米大統領をノーベル平和賞に選んだ。選考理由は、オバマ大統領は、「たぐいまれなる努力を注いで、国際外交と民間同士の協力関係を強化しようとした」だった。

スノーデンは、アメリカのNSAから無数の国家機密情報を持ち去った。それによって、NSAが長年やってきた諜報活動が少しずつ明らかにされてきた。ワシントンに置かれたEU機関や各国大使館がNSAによって盗聴されていたことがまな板の上にのぼっている。

「人格権侵害」だと、多くの国がアメリカ政府を批判している。フランス大統領、ドイツ首相は憤激した。ノルウェー紙によると、同国法務次官が「まったく受け入れがたい」と非難したという。承認していた最大の責任者、それはアメリカ大統領バラック・オバマである。

バラック・オバマにノーベル平和賞を授与したのは、ノルウェーだ。超法規的措置でスノーデンを亡命させて、世界が苦悩している、この問題を多方面から話し合うテーブルを設けたらどうだろうか。

http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.11111458
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/--Snowden-vil-soke-asyl-i-Norge-7245292.html
http://www.dagbladet.no/2013/07/02/nyheter/krig_og_konflikter/politikk/27988444/

◆ノーベル平和賞、オバマ大統領に
http://frihet.exblog.jp/12576253/
◆ドイツ、EUの個人情報保護と人格権
http://frihet.exblog.jp/20438962/
◆ドイツ、フランス政府が、アメリカ政府に抗議
http://frihet.exblog.jp/20441876/

(注)人格権は、本家本元のドイツではPersönlichkeitsrecht。personal rightsと英訳されている。
[PR]
by bekokuma321 | 2013-07-02 16:46 | ノルウェー