高齢者が望むケアとは

c0166264_1253235.jpgノルウェー国営放送NRKによると、ノルウェー人は、高齢者ケアへのハイテク活用を否定はしないものの、人間のケアの力に代わることに対しては、非常に懐疑的であることがわかった。

イギリス、アメリカ、ノルウェー、日本の高齢社会をどうすごしたいかについての最新調査比較による。カリフォルニア大学バークレー校、オックスフォード大学などが行った。調査対象は4カ国の高齢者1000人以上。

他国に比べ、ノルウェー人の80%が、高齢者ケアは地方自治体の責任であるとしている。これは、ノルウェーにおける充実した公的福祉制度の伝統を反映しているのだと報道は言う。

日本人の41%しか、孤独を心配してない。米英も似たような結果だ。しかし、ノルウェー人の75%は、孤独を心配しているという。これに関しては、近隣の仲間たちが集まって社会的活動やリクリエーション、スポーツをエンジョイできる、現生活があることを示唆している。

下のリンク先を見ると、ノルウェーの地方における同世代同士の豊かで自立した日々がしのばれる。

高齢者ケアへのロボットなどハイテクの利用に関しては、ノルウェー人が最も疑問を抱いている。他国に比べ、ノルウェーの高齢者は、ハイテク利用度が極めて高い。その日常から引き出された結果が興味深い。

私の限られた経験から見ても、インターネットによる買い物、スカイプによる会話、フェイスブックの交流など、ノルウェー高齢者の参加の多いこと! オスロの友人によれば、訓練機会が用意され、ハイテクに慣れ親しむ高齢者を増やしてきたからだという。

あらゆる地域が高齢者だらけ。こんな時代はすぐそこだ。どの国でも、社会のサポート・ケア制度の充実が叫ばれているが、高齢者自身の希望にそってなければ意味はない。とはいえ、1人1人の希望は、現在すごしている高齢者の暮らしそのものからしか生まれ出ない。

http://www.nrk.no/rogaland/vil-bo-sosialt-i-eldrekollektiv-1.10975408
http://www.newsinenglish.no/2013/05/29/seniors-warn-against-high-tech-care/
http://www.nrk.no/helse-forbruk-og-livsstil/1.1313628
http://www.nrk.no/ostlandssendingen/eldre-flytter-inn-i-kollektiv-1.10944665
[PR]
by bekokuma321 | 2013-06-06 12:14 | ノルウェー