日本は母親が最も働きにくい先進国

母親が最も働きにくい先進国、それは日本?

このショッキングな表現は、今日のBBCニュース見出しだ。記事内容は、これまで日本女性が訴えてきたそのものズバリで、さほど珍しくはない。

BBC記事はいう。長時間労働、父親の育児参加の少なさ、保育園の少なさを取り上げ、あげくの果てに日本には子どもがいなくなる。

女性が子どもを産み育てながら働ける環境づくりは、「国家最大の課題」だというコメントに首肯するのは、私ばかりではないはずだ。

そう、女性が、子どもを産んでも産まなくても、何人産んでも、働き続けられる社会環境をつくることーーそれは、日本に課された、最大かつ最優先の政治問題だ。国会議員が何より先に立ち向かうべきテーマだろう。

しかし、それが、どこかに行っちゃっているのが日本の国会。

それもそのはず、国会には、わずか7.5%しか女性議員がいない(衆院)。とんでもない少なさだ。女性国会議員がどのくらいいるかを比較したら、日本は、世界190カ国中161番目。アフリカのボツワナ共和国と同じだ。これでは、世界で最も母親が働きにくい国の改善など、とても無理と言うものだろう。怒!

◆Japan: The worst developed country for mothers?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-21880124
◆OECD:Closing the Gender Gap
http://www.oecd.org/gender/Closing%20the%20Gender%20Gap%20-%20Japan%20FINAL.pdf
◆日本の女性議員率、世界161位
http://frihet.exblog.jp/19247165/

■日本の男女賃金格差は最悪
c0166264_2111595.jpg
http://frihet.exblog.jp/18011136/ より)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-22 13:54 | アジア・アフリカ