女性ディレクターが作成した働く母親の日々

c0166264_20242063.jpgNRK 「2013年の女:飛びゆく日々」

世界で最もママが暮らしやすい国、それがノルウェーだ。とはいえ、そのノルウェーで、働く女性は男性より60%も病欠が多い。子どもが増えるにつれて病欠の日は増える。

女性参政権100年にあたって、女性ディレクター4人がドキュメンタリーを作成した。
そのシリーズの1本が、インターネットで公開となった。

Kvinne 2013: Dagane flyg---2013年の女:飛びゆく日々

ゼロ歳を含む3人の小さな子を抱えた母親、
2人の男の子を育てるシングルマザー、
その他、匿名の女性たちの日常を追う。

子どもや女性の悲惨な過去の歴史をおりまぜる。

19世紀、子どもの労働は当たり前だった
劣悪なところで働かせられる幼子たち

家政婦を雇って、育児や家事をしていた裕福な家庭、
その一方、子どもを投げだして長時間働かなければならなかった労働者家庭

1970年代、女性たちは保育所をつくれ、と街頭でデモをした

21世紀、ノルウェーは世界一母親が幸せな国となった、
それでも、まだまだ男性の育児・家事参加が足りない。

来るべき社会のありよう、男女のありよう、を考えさせられた

◆Kvinne 2013: Dagane flyg (ノルウェー語がわからなくても、十分堪能できるーーFEM-NEWS)
http://tv.nrk.no/serie/kvinne-2013/mdfp13002313/26-02-2013

◆Kvinne 2013:Makt og motstand
(タイトルの訳:権力と抵抗ーノルウェー女性の政治権力獲得への道)
http://tv.nrk.no/serie/kvinne-2013/mdfp13002113/19-02-2013

◆100 ÅRS STEMMERETTSJUBILEUM
http://www.kilden.com/arrangement/100-ars-stemmerettsjubileum?arr-id=1552&lang=en

■ノルウェー家族政策の礎を築いたカリン・ストルテンベルグ
http://frihet.exblog.jp/19135840/
■ノルウェー女性参政権100年から考える
http://frihet.exblog.jp/19227329/
■ママが世界一幸せな国はノルウェー
http://frihet.exblog.jp/17937821/
■NRKとNHK--報道における女性
http://frihet.exblog.jp/17018798/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-03-02 20:35 | ノルウェー