町田で「バックラッシュの動きと男女平等のゆくえ」

町田で、「バックラッシュの動きと男女平等のゆくえ」について話をした。企画は、男女平等フェスティバルの実行委員会。50人近い市民が参加した。

(クリックすると大きくなります)

私は、男女共同参画推進センター・すてっぷの館長職を首にされた。その背景には、豊中市の男女共同参画推進条例に反対していたバックラッシュがあった。バックラッシュとは、男女平等推進に反対する動きをさすが、その勢力の議員や議員の支援仲間らによる豊中市やすてっぷ財団への圧力があった。

豊中市はこの条例制定過程で、すてっぷ館長排斥の密約を交わし、隠蔽工作を図り、情報操作、虚偽情報の流布、悪質なデマの放置等を行った末に首切りをした。

法廷での真相解明を願った私は大阪地裁に提訴した。1審は敗訴だったが、2審は逆転勝訴。最高裁まで行き、2011年、勝利が確定した。

大阪高裁の塩月秀平裁判長は、判決で、バックラッシュ勢力の横暴で悪質な言動を驚くほど詳細に認めた。

「反対の勢力による組織的な攻撃が行われており、その方法は、直接的に反抗することのできない被控訴人らの職員に畏怖感を与えるような行動に出たり、嫌がらせを行ったり、虚偽に満ちた情報を流布して市民を不安に陥れたりするなど陰湿かつ執拗であった……」(判決文p34)など、など。

暴力的威嚇的言動で、市民をまどわせたり、人の職場を奪ったり、事業企画を邪魔したりなど、嫌がらせを続けるバックラッシュ勢力。ターゲットを定め、根を上げるまで執拗に嫌がらせをする。その陰に国粋主義的、性差別主義的、全体主義的な右翼政治勢力がある。司令塔は、「日本会議」という政治組織だ(浅倉むつ子『意見書』)。

バックラッシュ勢力の言うことは、町田市の、「生きよう! 一人ひとりが、その人らしく」に反すること、この上ない。

フロアから、「はじめて聞いた」「似たような怖れを感じていて、その背景がわかった」「男女平等の条例がなぜ制定されないか、わかってきた」というような発言があった。

会の終了後、男性の皆さんの作ったカレーライス、おでん、バナナの春巻きデザートなどをいただいた。おいしかった。

◆館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会(判決文など全情報が読める)
http://fightback.fem.jp/index.html
◆『バックラッシュの生贄』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845112612/junposha-22
◆バックラッシュの生贄から生還して
http://frihet.exblog.jp/18218281/

【写真は、裁判所で採用された証拠書類。バックラッシュ勢力がつくって頒布した新聞号外。男女平等社会とは恐ろしい社会だという、とんでもないデマでいっぱいだ】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-08 15:03 | その他