直方市の女性たち

27日(日)は、福岡県直方市に招かれた。かつては石炭の町とした栄えた。

「世界一ハッピーな母親の国ノルウェー」の母親政策、保育制度、男性の育児家事参加について、話した。とくに、なぜ、こんな豊かな社会になったかに至るまでの道のりに力点を置いた。

身を乗り出して聞いてくれる人、即座に的を射た質問をする人、ウンウンとうなづく人ーーー話すほうもますます熱心になってくる。

ホールに400人から500人はいた。300円のチケットを作って、売りまくったという。1996年からの長い歴史を持つ「男女共同参画夢ネット」の実績、それに実行委員会形式の市民運動の力があったればこそだろう。
c0166264_2248781.jpg

実行委員長は、中村幸代さん。元市議会議員で市長にも挑戦した経歴を持つ。憲法9条を守る運動や環境運動など、直方市の発展に「中村幸代あり」という女性だ。現在、女性議員ゼロの市の現状を嘆き、「変えなくては」と動く。

c0166264_22505135.jpg講演後に、中村幸代さんの自宅におじゃました。中村さんに、ノルウェーの真っ赤なTシャツを私からプレゼントした。写真は、ノルウェーのTシャツを着てご機嫌の中村さん。偶然だが、冷蔵庫にはってあった「輝け! 憲法9条」の緑色と絶妙のマッチング。

このTシャツは、ノルウェーの公務員労働組合が選挙用に作ったもの。ノルウェー選挙の取材に出かけた時、参加した選挙キャンペーン大会で入手した。

ロゴのノルウェー語の和訳は
「あなたの町、あなたの仕事、あなたの1票。選挙権を使え!」

いつか、こんなTシャツを着て、闊歩する日本の公務員の姿を見たい・・・。
[PR]
by bekokuma321 | 2013-01-29 22:51 | ノルウェー