イェンス・ストルテンベルグ首相、来日

c0166264_2313847.jpg
11月1日、ノルウェーのイェンス・ストルテンベルグ首相(Jens Stoltenberg)が来日する。

10月17日、母親カリン・ストルテンベルグを亡くしたばかり。「もっとも尊敬している人は、母カリン・ストルテンベルグだ」と首相はかねてから公言していた。心からお悔やみ申し上げる。

イェンス・ストルテンベルグ首相は、男女平等に熱意を持って取り組み、女性関係予算を増額。そして、首相補佐官やトップ官僚に積極的に女性を登用してきた。

2011年年頭の挨拶を思い出す。首相は、「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」と国民に述べた。さらに、「ノルウェーの豊かさは、多くの人が仕事につくことによって成し遂げられた。ノルウェーが他の国と異なっているのは、おびただしい数の女性たちが経済活動を選んでいることだ」と続けた。

そんな首相の根っこは、母親カリンにあると思う。

カリンは、まだ保育園がろくになかったころ、首相を含む3人の子どもを育てながら、共働きを続けてきた。

この夏、私は、そのカリン・ストルテンベルグに単独インタビューをする機会に恵まれた。自宅に招かれ、世界のモデルと仰がれているノルウェーの男女平等政策の礎を築いたカリンから、苦労話を聞くことができた。

前人未到の政策は、どんなふうにして生まれたか。彼女の最期のインタビューであろう貴重な発言は、現在、ノルウェー王国大使館ホームページに連載されている。

■男女平等政策の礎を築いたカリン・ストルテンベルグ(上)http://www.norway.or.jp/news_events/policy_soc/equality/marikomitsui2012/marikomitsui201201/

■Thorvald Stoltenberg: – Jeg har mange ganger lurt på hva jeg utfylte
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.8377503

【写真は、ノルウェー王国大使館のホームページ。首相来日予告記事(左)と、カリン・ストルテンベルグについての三井マリ子取材記事】
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-30 23:12 | ノルウェー