中絶で年47000人が死亡

c0166264_9135653.jpgGuttmacher Instituteの発表によると、今年、4000万件の妊娠中絶が行われると予測される。

同研究所によると、毎年47000人の女性が、妊娠中絶によって死に至る。さらに何百万人が、深刻かつ生涯に至る障害を被る。なぜか? 妊娠中絶の多くは、女性の身体が危険にさらされることの多い、非認可の不衛生なところで行われているからだ。

Guttmacher Instituteは、1960年代から女性の性と生の権利向上の活動を続けているアメリカの民間団体。同HPによると、研究、調査、広報、啓発などにより、性と出産の健康と権利sexual and reproductive health and rightsの発展に寄与する目的を持つ。

同研究所は、新ビデオで妊娠中絶の合法化をすすめている。
http://www.youtube.com/watch?v=YVJu61BKpkI&feature=player_embedded

http://www.guttmacher.org/media/inthenews/2012/10/04/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-13 09:03 | USA