ノルウェー男女半々内閣を堅持

c0166264_1263861.jpg2012年9月21日付けで、ノルウェーの新閣僚人事が公表された。

ストルテンベルグ首相は、王宮公園に集まった多くの市民の前で、新閣僚を発表した(写真)。

外務大臣、文化大臣、保健・ケアサービス大臣、労働大臣、防衛大臣の各閣僚人事が変更された。首相を含め閣僚20人中、女性10人、男性10人。ノルウェー首相は、今回も、50%ずつの男女平等内閣を堅持した。(2007年以来、50%以上になった)

これまで外務大臣だったヨーナス・ガール・ストーレ(男)が、保健・ケアサービス大臣に就任し、保健・ケアサービス大臣だったアンネ・グレーテ・ストロム=エーリクセン(女)が防衛大臣に就任したことが特色だ。

一方、わが日本の民主党内閣は、代り映えしない紅一点内閣。これでは、“大臣は男”というイメージを、子どもたちにすら抱かせてしまう。

◆Changes in the Government
http://www.regjeringen.no/en/dep/smk/press-center/Press-releases/2012/changes-in-the-government2.html?id=699575
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-01 12:13 | ノルウェー