日本はこんな輩に妨害されているのか!:『バックラッシュの生贄』を読んで

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を、完読した。

読者にすら これ程心に重いものを残したのだから、当の筆者三井マリ子は、心身共にどれだけ疲弊したことかと思った。彼女の強さに心より敬服する。

唯一幸いだったことは,彼女の命が無事だったことだ。公職の身である議員ですら,卑屈卑劣低俗の極み。日本はこんな輩に、まっとうな意見が妨害されているのかと思うと、憤りを通り越して、表現しがたい感情がとめどもなくわき出てくる。

本当に日本は前途多難だ。しかし、ここまでとは全く知らなかった。でも決して諦めたらいけない。なんとか向かっていかなければならない。でなければ、相手の思うつぼなのだ。

先日、高尾山の薬王院に「高貴な人間は自分自身に,平俗な人間は他人に要求を課す」と書かれているのを目にした。正にその通りだ。

原 三枝子
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-13 18:30 | その他